« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月

2020年5月16日 (土)

「その犬の名を誰も知らない」嘉悦 洋著、北村泰一監修


嘉悦 洋 著、監修 北村泰一
小学館集英社プロダクション(344p)2020.02.20
1,650円

監修の北村泰一は1956年の南極観測第一次越冬隊員。当時25歳の京都大学大学院生でオーロラ観測を主任務にするとともに、犬ゾリの担当をした。昭和基地に15頭のカラフト犬を残し無念の帰国を余儀なくされたが、再度第三次越冬隊員として南極に行き「タロとジロ」に再会した人物である。現在89歳となる北村は第一次越冬隊の最後の生存者である。著者の嘉悦洋は西日本新聞社で社会部や科学分野の記者経験を持ちメディアの業界で生きてきた。

2018年に北村が健在であることを知り、「何故犬たちを置き去りにしたのか」「どのような思いで第三次越冬隊に志願したのか」「タロとジロ以外の犬はどうなったのか」「タロとジロは何故生き延びられたのか」等について北村自身への取材が実現した。この対話の中で、北村からタロとジロ以外の第三の犬が昭和基地に生存して居たという話を聞き、その犬を突き止めることに著者の視点は移っていったという。本書は60年という時間を戻し、南極体験を振り返りながら、第三の犬を解明のための北村と嘉悦の共同作業の記録である。

1956年末の南極観測船宗谷の出港のニュースは小学校3年生だった私も良く覚えている。国の期待を背負い、敗戦国として新たな発展を世界に示すイベントでもあった。南極と言う言葉の持つ挑戦の意味は同年5月の日本隊によるマナスル初登頂とともに子供心を揺さぶるには十分であった。しかし、第二次越冬隊の断念により、15頭のカラフト犬を昭和基地に置いて帰国せざるを得なかった事態に、国内で轟轟たる非難の声が上がったのを思い出す。メス犬のシロ子と8頭の仔犬たちを全て救出してきたという話もかき消してしまう程のバッシングだった。

だからこそ、その一年後に北村が昭和基地でタロとジロの生存を確認出来たときには皆が驚きとともに歓喜したということが強烈な記憶として残っている。逆に言うとそれしか記憶がないと言ってもいいのかもしれない。それだけに、懐かしい記憶を蘇らせてくれるとともに、カラフト犬の性質や南極越冬隊の活動を詳細に理解した上で謎解きに挑戦する楽しさを味わえる一冊である。

本書の前半は、日本の南極観測参加が認められ、その準備活動から北村の第一次越冬体験が書かれている。雪上車だけでなく、犬ゾリを利用すると言う決定に基づき、北海道内から20数頭のカラフト犬のオスの成犬が訓練の為に集められた。そして、タロとジロと名付けられた生後3ヶ月の仔犬も南極で犬ゾリ犬として育成させたいとの思いで選抜されている。この若さが謎解きの一つのヒントになる。

国内で訓練を重ねてはいるものの、未知の南極大陸で遭遇する困難な状況に対応しながら、越冬中に四度の犬ソリによる内陸調査が実施されたがタロとジロはまだまだ二軍であった。内陸調査は往復435km27日間という行程と聞くと、隊員と犬たちの一蓮托生の観測だったことが良く判る。一年間の越冬活動を経て、第二次越冬隊の到着を待つことになる。

第二次越冬隊を乗せた宗谷は1958年の初め、ブリザードの影響を受けて氷原に閉じ込められたまま流され140kmに迫っていた昭和基地から遠のくばかりであった。こうした状況下で、まず北村を始めとする第一次隊員が宗谷に収容されることになり、オスの成犬は首輪を穴一つきつく締めて首抜けをしない様に繋いだうえで、第二次先遣隊3名の隊員に引き継ついだ。

その間、宗谷の救援に駆けつけた米国のバートン・アイランド号の艦長から、氷状の悪化から、至急外海に離脱すべしとの勧告を受ける。第二次先遣隊の三人も昭和基地を撤収し、その後も天候は回復しないまま第二次越冬は断念したことから、15頭のオスのカラフト犬は昭和基地に残されることになった。

帰国した隊員たちを迎えたのは第一次越冬の成功よりも、カラフト犬を残して帰国したことへの激しいバッシングだった。犬ゾリ係でもあった北村は犬たちの首抜けを避けるために首輪をきつく締め第二次隊に引き継いだことに、カラフト犬が生き残るチャンスを奪ってしまったと激しく後悔したという。そして、もう一度南極に行き雪に埋もれた15頭を見つけてやる事をけじめとして第三次越冬隊への志願をするという流れは、もはや研究者という立場を越えて、彼を突き動かしていたと言える。

こうして、北村は第三次越冬隊員として参加し、宗谷からヘリコプターで昭和基地に向かった第一便の隊員から、動き回る二つの黒い点を発見したと報告を受けて昭和基地に向かう。そして、タロとジロとの歓喜の再会を果たす。一方、北村たちは雪の下に埋もれているカラフト犬たちを捜索し、ひと月近く経ったときやっと、一頭の首輪を見つけ、それを中心に探索し一頭の遺体を見つける。犬たちは4m程離して繋がれていたが、彼らは小さな群(2-3頭)をつくるように首輪や遺体が残されていた。結果遺体発見7頭、不明6頭、生存2頭と判明した。これで、北村の犬たちに対する落としどころを見つけられたと言える。

そして、主題の第三の犬の解明になる。北村が超高層地球物理学の研究に追われ、南極に係わることが少なくなっていた1982年に第九次隊員と話す機会を持った。そこで、1968年に昭和基地で一頭のカラフト犬の遺骸が発見されていたという事実を知らされる。この年は第四次越冬隊員で行方不明となった福島紳隊員の遺体が発見された年である。「第九次観測隊夏隊報告」には福島隊員の遺体発見の報告は詳細にあるが、カラフト犬遺体発見の記述は一切ない。また、当時の新聞を中心としたメディアの報道にもこの犬の遺体発見は無かった。その犬は不明6頭の内の誰なのかを解明することは遅々として進まなかったものの、嘉悦という協力者を得て真相解明を再開させる。

膨大な公式記録を読み解きながら、第八次越冬隊報告の中に「今年の夏は昭和基地の気温が極めて高く、融雪現象が激しかった。そのため第一次隊が残したカラフト犬の遺骸すら発見されている」という唯一の記載を見つける。そして、各地に散らばる第九次隊員への聞き取りを続け、「発見場所はカラフト犬の係留地近く」「大きくはない体格」「少なくとも黒色でない体毛」といった断片的な情報を得ながら、6頭の中から第三の犬の候補を4頭に絞り込んで行った。

タロ・ジロが食べ物をどこで得ていたのかについては、首輪が抜けなかった5頭の遺体は全てきれいに残っていたこともあり、一時期流布された共食説は否定された。北村が考えたのは、昭和基地の近くの海水域の氷原につくられた食糧貯蔵庫である。そこは一度海水が流入した事故が有り、海水に浸かってしまった肉類は残置されていた。また、犬ゾリで内陸探査の際に一定距離に作っていた食糧デポがある。これらを犬たちは理解していたはずだ。しかし、タロ・ジロという幼く経験の浅く、方向感覚の未熟な犬だけでは、それらを利用するには限界が有る。そのためには保護本能とリーダーシップを持ったベテラン犬の力が必要だったと考え、北村と嘉悦は第三の犬はリキというリーダー犬であるという結論にたどり着く。

首輪を抜け、鎖の束縛から逃れ自由になったタロ・ジロ以外の成犬は基地から逃れたいと考えて北海道を目指したのかもしれない。しかし、タロとジロは幼い時に南極に来たため昭和基地こそがかれらの故郷だったので動かなかった。一方リキは、タロとジロが彼を頼ったこともあり、彼らとの共同戦線を張ったのではないか。そして、食糧のある場所にも十分訓練された能力を駆使して到達していたに違いない。加えて、リキが昭和基地に踏みとどまったのは人間が戻ってくるのを待っていたのではないか。犬には死の概念がないため、人を待ち続けることが苦痛でないという。しかし、第三次越冬隊が昭和基地に到着する前にリキは息絶えた。当時のカラフト犬の寿命は7~8歳と言われていたが、昭和基地に置き去りにされた時点で7歳だったリキとしては最後まで力をふり絞った結果だったのだろう。

次の北村の言葉が切ない心境を表している。

「北村は小さく息を吐き、『タロとジロに再会したあの時に、リキはすぐそばに埋もれていたんですね。待ち続けていたのに・・・』といって私をみつめた」

犬ゾリを引くと言う集団行動の訓練の重要性、リーダー犬の不可欠さ、極限環境でも小さなグループで生き延びる努力をすることなどは人間の世界とよく似ている。個々の特性を生かしながら協力する姿はプロジェクトのあり方とそっくりだ。

北村は南極で活躍したすべての犬たちが頑張り死んでいったことを知ってもらいたいとの思いを語っているが、それは人間と犬たちの信頼関係の証でもある。使役犬としての犬たちの忠実さはまさに相互の信頼関係と人間の愛情で成り立っていると思う。そして、その関係の延長に家族の一員としての犬たちが居る。人間と犬との深い世界は極限で良く判る。内池正名)

| | コメント (0)

「疫病と世界史(上・下)」ウィリアム・H・マクニール 「疫病と世界史(上・下)」ウィリアム・H・マクニール


ウィリアム・H・マクニール 著
中公文庫(上280p・下304p)2007.12.20
各1,320円

新型コロナウイルスで「ステイ・ホーム」を強いられている。報道やウェブで日々の感染者数に一喜一憂したりする。でもこういう機会だから、コロナウイルスと感染症がどういうものかを勉強してみたい。というわけでたどりついたのが1976年に書かれた本書。20年ほど前にベストセラーとなったジャレッド・ダイアモンド『銃・病原菌・鉄』のタネ本と言われている。

『銃・病原菌・鉄』では、スペイン人植民者が持ち込んだ疫病によってメキシコや南米の先住民人口が激減し、アステカ文明やインカ文明が滅んだ例が取り上げられていた。この『疫病と世界史』はもっと長い時間軸を取って先史時代から現代まで、疫病が世界史にどんな影響を与えたかが俯瞰されている。マクニールによると、彼がこの本を書く以前、歴史家にとって疫病は本格的な興味の対象でなく、もっぱら好事家が取り扱う分野だったという。だからこの本は、歴史家が初めて本格的に疫病という視点から世界史をながめたオリジナルな仕事と言えるだろう。

といって全体を紹介する余裕も力もないので、先史時代、中世ヨーロッパの黒死病、近代について、興味あるところをスケッチしてみたい。

何百万年も前、人類の祖先が熱帯雨林で暮らしていた間は、人類と人類(宿主)に寄生する寄生体との関係は安定していた。ところが人類が森からサバンナに進出し、道具や武器、言葉を獲得して動物を狩るようになり、食物連鎖の頂点に立ったことで生態のバランスが狂いはじめた。人類はサバンナの草食獣との接触によって新しい寄生体に侵されることになる。また連鎖の頂点に立ったことで人類の数が増えることになり、寄生体が宿主から宿主へ移動する機会も増えた。人口増加した人類は寄生体の側から言えば絶好のエサ場となったわけだ。「そこで、ある決定的な限界を突破すると、感染症は奔流のように過剰感染となって爆発する」。

時代が下って農耕が生まれると、寄生体にとって更に好都合なことが起きた。焼畑農業で生まれた空地は蚊の繁殖場所となり、マラリアが猛威をふるいだした。メソポタミア、エジプト、インダス河流域で灌漑農業が始まると水辺で働く農民に吸虫類が寄生し、住血吸虫症を引き起こす。家畜やイヌを飼うことで、ペスト、黄熱病、狂犬病、インフルエンザなどの感染症が動物からヒトへと移った。

やがて都市が生まれ人口密度がある限界を超えると、バクテリアとウイルスは中間宿主に頼らなくともヒトの間で生存が可能になる。「だから、中間宿主なしに直接ヒトからヒトへ移動する、感染性のバクテリアないしウイルス疾患は、とりわけ文明特有の病気なのである」。はしか、おたふく風邪、百日咳、天然痘などが次々に感染爆発し、やがて人々に免疫が生じて、抗体を持たない子供だけが罹る小児病や、ある地域だけに残る風土病となる。そんなふうに新しい病気が発生し、何度かの波があり、沈静化するまでには120~150年かかるという。

次に中世ヨーロッパの黒死病。著者は「ひとつの仮説」として、こう述べる。13世紀半ば、モンゴル軍が雲南省とビルマを掠奪した折にペスト菌を持ち帰り、モンゴル高原に繁殖するネズミの間で繁殖することになった。ペスト菌はやがて中国にも侵入する。一方、北アジアには東西を結ぶ隊商路があり、ペスト菌は隊商が運ぶ食料を食うネズミと、ネズミにたかるノミとともに西へ西へと旅してクリミア半島に到達する。そこから船に乗って地中海や北ヨーロッパの港町へと広がり、内陸へのびる放射状の道路を伝って、ヨーロッパと中東のほとんどの地域がペスト菌で汚染された。

隔離検疫という考えが生まれたのは14世紀イタリアだった。ペストの疑いのある港から来た船は40日間、陸上との交渉を絶つべし、と定められたのだ(検疫quarantineの語源はベネツィア方言の「40日」)。ペストの襲来は17世紀まで繰り返され、そのたびに症状が変わって激甚化したり弱まったりした。14世紀半ばの襲来では、4年間でヨーロッパ総人口の三分の一が死んだという。

ペストによる人口減は深刻だった。14世紀、農耕など単純労働に従事する労働力が少なくなって、それまでの社会経済秩序がヨーロッパ各地でさまざまに変化することになった。東ヨーロッパではユダヤ人によって市場主導型の農業が発達した。また労働力不足と市場経済が実質賃金の上昇をもたらした地域もあった。そこでは労働者は毛織物の服を購入でき(この時期、ヨーロッパは寒冷化していた)、貧民でも完全に肌を覆う衣服を着られるようになった。そのことで皮膚から皮膚へ感染するハンセン病やフランベジアの流行は下火になったが、一方、シラミと南京虫が媒介する発疹チフスが蔓延するようになった。

ペストは人々の心にもさまざまな影響を及ぼした。悪疫が引き起こした憎悪と恐怖は、異様な鞭打ち苦行者の集団を生みだした。彼らは互いに血みどろになるまで打ち合い、ペストをばらまいたと見なされたユダヤ人を襲撃することで神の怒りをやわらげようとした。鞭打ち苦行者は教会と国家の権威を認めず、彼らの祭祀は集団自殺の観を呈したという。説明のつかない突然の死を前に人々は従来の神学を信じられなくなり、神との霊的合一をめざす神秘主義が流行した。こうした反教権主義はやがて宗教改革を生む一因ともなった。

一方、イタリアの諸都市は隔離検疫や行動規制を取り入れ、食糧の供給を確保してペストに素早く対処することができた。その活力がやがてルネサンスを生みだす基盤ともなる。「一言にして言えば、ヨーロッパは新しい時代に入っていったのだった」。

19世紀末、コッホによってコレラ菌が発見された。以後、近代医学は次々に病原菌を発見し、予防と治療を効果的に行えるようになった。その結果、マラリア、高熱病、発疹チフス、結核といった感染症を世界的にかなりの程度抑え込めるようになった。1970年代、WHOは天然痘の根絶に成功し、人類と感染症の戦いは人類の勝利に終わるかに見えた。が、感染症を引き起こす微生物が反撃を開始した。その最初の一撃がエイズだった。「自然界の複雑に絡み合った生態的関係に、人類がなんらかの新しい手段を考え出して改変の手を加えるときには、必ずそうなると決まっているのだが、1880年代以来医学研究が達成した微細な寄生生物の制御ということは、予期せざる無数の副産物と新しい危機」を生むことになった。

例えば「病原生物が突然変異を起こす可能性」。変異を繰り返すインフルエンザが典型的だ。また例えば、「正体不明の寄生生物が、馴れ親しんできた生態系地位を離れ、……密集する人類を襲い……高致死性の病気に見舞わせる」可能性。いまパンデミックとなって世界を震撼させている新型コロナウイルスがこれに当たる。

本書はこう結ばれている。「人類の出現以前から存在した感染症は人類と同じだけ生き続けるに違いない。そしてその間、これまでもずっとそうであったように、人類の歴史の基本的なパラメーターであり、決定要因であり続けるだろう」。

つまり僕たちがステイ・ホームしている日々は、人間と感染症との未来永劫終わることのない戦いの、ある一コマだということだ。異常な日々でなく、世界史のなかに置いてみれば、過去にあり未来にもあるうる、ありふれた一日なのかもしれない。それ以前の、ウイルスの恐怖を知らなかった日々は、むしろ幸運な谷間の例外に属していたことになる。

数世紀に及ぶ中世ヨーロッパのペストは、市場経済や宗教改革やルネサンスを生む一因となったように、社会を変え人々の心をも変えた。とすれば、もし新型コロナウイルスが制御できずこれから数年、いや数十年にわたって間歇的に世界を襲うとするなら、「コロナウイルス以後」の世界はどういうものになるのだろうか。

グローバリズムの結果としてある貧富の格差拡大は、さらに激しくなるのか。人々の不安と恐怖が生みだす強権的な国家が地球を覆うことになるのか。この数カ月、各国でアマゾンの需要が増えネットフリックスの会員が増加したように、GAFA+Nの独占的な支配がいよいよ強化されるのだろうか。

そんな構造的な変化に目をこらしながら、僕たちが日々のなかで気をつけなければいけないのは、現代的「鞭打ち苦行者」にならないことだろう。「鞭打ち苦行」を生んだ基盤は、今の僕たちが感じているのと同じ不安と恐怖。それが合理的な説明のつかなかった当時、理由もなく自分を鞭打ち、ユダヤ人襲撃のように他人への敵意にたやすく転化した。

それは自分にも起こりうる。散歩していて、向こうからマスクをせずジョギングする人が来る。荒い息をしている。すれ違うまでのわずかな間に、どうするかを決めなければならない。できるだけ脇へ避け、目を合わせずに距離を取ろうとするか。相手の目を見て、抗議の意味をこめ無言でにらむか。そのとき、心のなかには小さな敵意が芽生えている。

心のなかに不安と恐怖があり、目の前に混乱する現実がある。その現実を前にして、「鞭打ち苦行者」のように人は自罰感情あるいは他罰感情に捉われやすくなる。自罰感情は、混乱する現実から目をそらし自分の巣に閉じこもろうとする。でもそれは逃げているのだからどこかに無理が生じ心身の不調を引き起こしやすい。他罰感情は、自分から見て悪しき行いをなす人間を名指し、罰しようとする。小さな敵意が積み重なり、集団になり、それが「正義」を背負ったりすると、他者に対する断罪となる。

現にウイルス感染が少ない県の行楽地では、他県ナンバーの車を見張ったり傷つけたりする自警団的な動きが生まれている。「自粛」に反して営業している店に警告して回る自粛警察も生まれている。SNSには、他者の行いや意見を非難する匿名の悪口雑言があふれている。いやあな気分だ。

そんな自罰感情にも他罰感情にも振り回されず、自分で判断し、自らの行動を決めるにはどうしたらいいのか。答えは出ないけど、少なくとも本書のように感染症について長い時間軸のなかで考えてみることは何がしかの余裕をもたらす。と、ここまで書いてきて、ふたつの言葉を思い出した。自罰にも他罰にも陥らないために、それを書き記しておこう。

ひとつは他者への態度で、封鎖された武漢から発信された作家・方方の日記の一節。「一つの国が文明国家であるかどうかの基準は、高層ビルが多いとか、クルマが疾走しているとか、武器が進んでいるとか、軍隊が強いとか、科学技術が発達しているとか、芸術が多彩とか、さらに、派手なイベントができるとか、花火が豪華絢爛とか、おカネの力で世界を豪遊し、世界中のものを買いあさるとか、決してそうしたことがすべてではない。基準はただ一つしかない、それは弱者に接する態度である」(DIAMOND online、2020年3月6日)。

もうひとつは自分への態度で、鴨長明『方丈記』の一節を蜂飼耳の現代語訳で。「もし、念仏をするのが面倒になり、読経に気持ちが向かないときは、思いのままに休み、なまける。それを禁ずる人もいないし、誰かに対して恥ずかしいと思うこともない。無言の行をするわけではないが、一人で過ごしているから、何かを言ってしまうという失敗も生じない。戒律を絶対に守ろうというのではなくても、破らせる環境ではないから、破る結果になりようがない」(山崎幸雄)

| | コメント (0)

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »