« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »

2021年10月

2021年10月17日 (日)

「ヌシ: 神か妖怪か」伊藤龍平

伊藤龍平 著
笠間書院(270p)2021.08.12
1,760円

「ヌシ」と聞くと、なにやら沼などに棲む大きな怪物的な生き物を思い起こす。そして、「あの女子社員は職場のヌシ」などと身近な言葉として使っているのだが、面と向かって「ヌシとは何か」と質問されると曖昧に「ヌシ(主)」と言う言葉を使っている自分に気付くことになる。一方、民俗学の事典類でもヌシについて項目を立てて説明しているものは皆無に近いとか、「水の神」「龍」「河童」など個別の文献や、地域毎のヌシ伝承に関する文献はあるものの、日本の「ヌシ」伝承を総括的に取り上げたものはないという。それだけに、ありそうでなかった「ヌシ」全体を俯瞰した初めての一冊という著者の言葉にも気持ちが入っている。

ヌシの定義として、特定の場所で長く生息・君臨し、巨大化して強力な霊力を持っているものとしている。ヌシとなるのは年を経た蛇や魚・亀などの水棲生物、龍や河童・狒々などの伝承生物などが多いのだが、時として人の姿に変貌したヌシもいれば、鐘などの器物に由来したヌシもいる。なかなか広範な存在である。

そして、ヌシの棲む場所が人の生活圏と重なる時に緊張が生まれる。ヌシの多くは水域をそのテリトリーにしているし、人もまた生きて行くためには水が必要不可欠であり無縁でいることは難しい。われわれの先祖はヌシとつかず離れずの日々を過ごしてきたのだろう。

ヌシという存在は日本特有のものであり、世界的には一つの場所に棲み続ける巨大生物や水の神などの伝承は有るものの、それらを「ヌシ」として総括する概念や言葉はないという。従って、本書では地域名が明らかになっている日本各地の民俗伝承を中心に分析しており、巻末の全国に及ぶ都道府県別ヌシ索引を見ればそのヌシ伝承の豊富さに驚かされる。それだけに、著者は読者に対して、全国各地にいるヌシを身近に感じてほしいという期待を強く語っている。

ヌシを考えるテーマの一つとして「自然と人の共生」のヒントが伝承の中にあると著者はいう。人とヌシとは常に平和的な関係を保っていたわけではない。時としてヌシと戦い、ヌシとの対立を事前に避け、ヌシの尋常でない能力に耐えるなどの生活をしてきた。それは、温暖化が進み自然現象の変化と風水害などの被害を目の当たりにすることが多くなっていることを考えると、「ヌシ=自然の象徴」という見方にも合点がいく。

ヌシ伝説を理解するもう一つのテーマが領地占領・征服を正当化するためのものという考え方だ。大和朝廷に恭順せず征伐の対象になった古代の豪族たちは「土蜘蛛」と呼ばれており、時代が下るにつけてその言葉から妖怪化していったともいわれている。一方、時代が下ると実在の人物が伝承の主人公になることで歴史としての意味も出て来る。8世紀に坂上田村麻呂が木曽に棲んでいた大蛇を追い武蔵国で退治し、征夷大将軍として蝦夷征伐を行うが、征伐とは言い方を変えれば侵略である。それを正当化するためのオオタキマル(大滝丸)という鬼を成敗するという話が作られたが、その鬼は征服された豪族の暗喩である。ここでもヌシは土着の人々であることを指摘している。

人々がヌシとどう付き合ってきたかという視点も面白い。人はヌシと色々な係わり方をしてきているのだが、その中でも、ヌシと約束を交わすと言う関係の伝承は考えさせられる点が多い。群馬県利根郡の伝承では、川の観音様を毎日掃除していた男がある日、釣りをしていると滝つぼから乙姫が現れて毎日の掃除のお礼として、お膳やお椀が足りない時が有ったらその個数を紙に書いておいておけば岩の上に置いておくと言ってくれた。以後、男は自分の必要な時や村人に頼まれた時に御膳やお椀を都合してきた。ただ、ある村人が一つ返すべきお椀を忘れてしまったことがあった。そうするとそれ以降お膳やお椀は貸してもらえなくなったという。この伝承のポイントはヌシとの契約・約束を結んだのも、それを破ったのも共同体(村)の一個人、その一個人の振る舞いが共同体全体に影響を及ぼす。自分の為だけでなく、仲間の為にも約束は守れという日本人の集団行動の基礎的レッスンのようである。

一方、ヌシが人に対してとる多様な行動の中に「人をさらう」といった行動がある。ヌシが見染めた娘との異種婚姻譚として多く見られるが、ヌシは例外なく面食いなので若くてかわいい娘がその対象であるとともに、結婚してヌシの世界に入った娘が不幸になったという伝承は無いようだ。ただ、多くは結婚前にヌシの正体がバレて破談になったりしている。 

山形県置賜の伝承では、手打沼のヌシ(大蛇)に見染められ、親の反対にも関わらず嫁ぐことになった娘が、父親の前に水中から美しい花嫁衣裳を着て現れた。娘はにっこり笑い花婿(ヌシ)に手を取られて、再び水底に消えて行った。その時父親は「沼の中にもきっと竜宮城があるだべ・・・そうに違いねえ」と娘を思いやる気持ちを呟く。娘が選んだ運命の相手がたまたま人間でなかったという状況でも、娘を思いやる親心は変わらないとい切なさを表している。こんな伝承を読むと、昨今世情を騒がせている結婚話等が思い出されてしまうのだが。ヌシ同志の付き合い方や人がヌシになる伝承等、興味深い話が多数紹介されている。 

本書の締めくくりとして現代のヌシについて語られている。その一つが未確認動物として我々の前に表れているヌシ達である。釧路湖のクッシーや「釣りキチ三平」の巨大魚タキタロウを始めとして、特に1970年代にその名をあげたのがツチノコである。伝承としての「山の神 ツチノコ」は1972年田辺聖子の小説で世間の注目を浴び、ヌシから未確認動物に変わり、今や各地で捕獲懸賞金がついている状態である。

また、戦後の特撮映画にも多くのヌシが登場している。まずは、水爆実験の結果、太古の恐竜が目覚め人間社会に鉄槌を下すというゴジラがその代表である。またテレビのウルトラQにも、トンネル工事で目覚めたゴメスや火星から来た「ナメゴン」などいとまがない。これらは全て、科学技術の進展に伴う、人間の振る舞いに対する警鐘として捉えられている。また、宮崎駿監督の映画、戦国時代を舞台とした「もののけ姫」や昭和20年代を描いた「となりのととろ」で語られている自然や里山と人間の関係の中にヌシを描いていることに著者は注目している。

それにしても、われわれは何と多くのヌシに囲まれて生きてきたのかと痛感する。ヌシ伝承は自然が人間より優位である状況や拮抗している時に生まれる。そう考えると、自然を破壊し消費してきた現代はヌシが生き辛くなってしまった時代ということか。

われわれが大いなる自然に向き合ったとき、ヌシは良き隣人として現れるに違いないと著者は言う。ヌシは我々の心の中に居る。私は遠野市観光協会発行の「カッパ捕獲許可証」を保持している。今朝、机の引き出しから引っ張り出して確認してみたら許可期間がとっくに過ぎていて効力を失っていた。これでは、河童に出逢っても捕獲は出来ないので、飯でも一緒に食べて「また会おう」と言って別れるしかない。そんな事を考えるヒントをもらった読書だった。( 内池正名)

| | コメント (0)

「世界史を大きく動かした植物」稲垣栄洋

稲垣栄洋 著
PHP研究所(224p)2018.06.18
1,540円

『世界史を大きく動かした植物』というタイトルに惹かれてこの本を手にとった。腰巻きに踊る「植物という視点から読み解く新しい世界史」「一粒の小麦から文明が生まれ、茶の魔力がアヘン戦争を起こした」という惹句も、なにやら魅力的だ。植物が人類の進化に大きくかかわってきたであろうことは容易に理解できる。頭の中では、以前読んだ『銃・病原菌・鉄』(本書の参考文献のひとつでもある)の植物版というイメージで読み始めた。

本書は植物学者である著者が、世界史を大きく動かしたであろうと考える植物をいくつかピックアップして、それぞれについて解説をしている。コムギ、イネ、コショウ、トウガラシ、ジャガイモ、トマト、ワタ、チャ、サトウキビ、ダイズ、タマネギ、チューリップ、トウモロコシ、サクラの14点がそれだ。

植物ごとに章立てをしていて、記述内容には濃淡があり、ここでは比較的世界史寄りの記述が多い植物を中心に紹介してみたい。

コムギの章には、「植物の種子は保存できる・・・保存できるということは、分け与えることもできる。つまり、種子は単なる食糧にとどまらない。それは財産であり、分配できる富でもある」という記述がある。実は「植物は富を生み出し、人々は富を生みだす植物に翻弄された」(はじめに)というのが、本書の大きなテーマの一つでもある。

例えば、コショウである。コショウは今でこそ多くの香辛料や調味料の陰に隠れて目立たない存在だが、「その昔、コショウは金と同じ価値を持っていたと言われている」。なぜか? 古来、ヨーロッパでは家畜の肉が貴重な食糧であったが、肉は腐りやすいので保存できない。ところが、香辛料があれば良質な状態で保存できる。「香辛料は『いつでも美味しい肉を食べる』という贅沢な食生活を実現してくれる魔法の薬だったのである」

コショウの原産地は南インドであり、ヨーロッパの人々にとっては手に入りにくい高級品であった。陸路をはるばる運ぶしかなく、どうしても高価になる。インドから海路で直接ヨーロッパに持ち込むことができれば、莫大な利益が得られる。そこで、スペインやポルトガルの船団が地中海の外側に船を繰り出し、これが「大航海時代」の始まりとなった。植物が世界を「大きく動かした」ことになる。

コショウを求めてインドを目指したコロンブスは、1492年アメリカ大陸に到達した。そこで出会ったのはコショウならぬトウガラシであった。トウガラシは辛味が強くヨーロッパ人には受け入れられなかったが、ポルトガルの交易ルートによって、アフリカやアジアに伝へられていった。インドやタイ、中国などに無理なく受け入れられたのは、「栄養価が高く、発汗を促すトウガラシは、特に暑い地域での体力維持に適していた」からだという。

半世紀後、トウガラシは日本にも伝わり、中国経由だったことから「唐辛子」と名付けられた。一方、韓国には日本から伝わったことから、韓国の古い書物には「倭芥子」と記されている。日本ではそれほど広まらなかったが、韓国ではトウガラシの食文化が花開いて現在にいたる。

ジャガイモの原産地は、南米のアンデス山地である。コロンブスが新大陸を発見して以降、16世紀にヨーロッパに持ち込まれた。もともとヨーロッパには「芋」はなく、ジャガイモの芽や葉などに毒が含まれていて、めまいや嘔吐など中毒症状を起こすことなどから、当初は「悪魔の植物」と呼ばれていた。主にドイツで普及して、今ではヨーロッパ料理に欠かせない存在になった。豊富にとれたジャガイモは、保存が効き、冬の間の家畜(主にブタ)のエサにも利用されて、多くのブタを一年中飼育できるようになって、ヨーロッパに肉食を広める要因になった。

アイルランドでは18世紀には主食となるほどに普及したが、1840年代にジャガイモの疫病が流行し、大飢饉が発生した。当時イギリスの対応は冷たく、100万人にも及ぶ多くの人々が、故郷を捨て新天地のアメリカを目指すことになる。イギリスとアイルランドの確執は、このときから始まったのかもしれない。「このとき移住した大勢のアイルランド人たちが、大量の労働者として、アメリカ合衆国の工業化や近代化を支えたのである」

ワタは「世界史を大きく動かした植物」の中でも出色の存在であろう。ワタの主要な原産地はインドである。「17世紀になって、イギリス東インド会社がインド貿易を始めると、品質の良いインドの綿布がイギリスで大流行することになる」。18世紀後半には蒸気機関の出現により、手間のかかる機織りの作業が機械化され、大工場での大量生産が可能になった。これが「産業革命」である。

「産業革命」はいいことばかりではない。材料となる大量の綿花が必要になり、19世紀には、もはやインドだけでは足りなくなり、イギリスは新たなワタの供給地をアメリカに求めた。アメリカにはワタを栽培するのに必要な広大な土地はあったが、十分な労働力はなかった。そこで、アフリカから多くの黒人奴隷がアメリカに連れて行かれたのである。アメリカから綿花がイギリスに運ばれ、イギリスから綿製品や工業製品がアフリカに運ばれ、アフリカからは大勢の黒人奴隷たちがアメリカに連れて行かれた。「このようにして常に船に荷物をいっぱいにするための貿易は、三角形のルートで船が動くことから三角貿易と呼ばれている」。そして奴隷制などをきっかけとして1861年南北戦争が勃発する。

ワタと並んでチャもまた世界史に大きく影響を与えた植物の一つだ。チャは中国南部が原産の植物だ。仏教寺院で盛んに利用され、宋代には日本からの留学僧たちによって抹茶が日本に伝えられた。一方、ヨーロッパには長い海路でも傷みにくい紅茶が出荷されるようになった。はじめにオランダへ、次いでイギリスへと伝わった。アメリカ大陸にはすでにオランダから紅茶が伝わっていたが、その後イギリスの植民地に変わったことで、イギリスとアメリカの間にチャを巡る騒動が勃発する。1773年の「ボストン茶会事件」がそれだ。そして1775年には独立戦争に発展する。

イギリスで紅茶が普及すればするほど、大量のチャを清国から輸入しなければならず、代わりに大量の銀が流出していく。この貿易赤字を解消するため、「イギリスは、インドで生産したアヘンを清国に売り、自国で生産した綿製品をインドに売ることで、チャの購入で流出した銀を回収するという三角貿易を作りだしたのである」。そして、1840年にはイギリスと清国都の間でアヘン戦争が勃発する。この間、1823年にはイギリスの探検家がインドのアッサム地方で中国とは別種のチャの木を発見する。こうして、インドはチャによって経済を復興していく。

世界三大飲料として紅茶、コーヒー、ココアが挙げられるが、いずれもカフェイン含んでいる。「植物が持つカフェインという毒は、古今東西、人間を魅了してきた。そして、カフェインを含むチャもまた、人間の歴史を大きく動かしてきたのである」

植物は本来、昆虫や鳥、動物などを介して種子を広く散布してきたが、本書を読むと、人類もまた植物を世界中に広めることに大きく貢献してきたことがよくわかる。著者は「人類は長い歴史の中で、自分たちの欲望に任せて、植物を思うがままに利用してきた。そして、物言わぬ植物は、そんな人間の欲望に付き従ってきた。・・・はたして、植物たちは人間の歴史に翻弄されてきた被害者なのだろうか? 私は、そうは思わない」(おわりに)と述べている。著者は、実は、植物こそが人間を利用してきたのではないかと言いたかったのかもしれない。

全体的には、雑学的な要素も多く、面白く読めた。ただ、個別の植物ごとに章分けしたことで、植物の特性に関する記述が中心で、肝心の「世界史を大きく動かした」という視点が希薄な章が散見された点が少々残念な気がした。

なお、21年9月に新たにコーヒーの章を追加、タイトルも『世界史を変えた植物』と改題して文庫化(PHP文庫)されている。(野口健二)

| | コメント (0)

« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »