こ  

誤植文学アンソロジー 校正者のいる風景/広告写真のモダニズム/皇后考/「この国のかたち」を考える/この写真がすごい 2/国境 完全版/子どものうそ、大人の皮肉/郊外はこれからどうなる?/甲骨文字小字典/国民的俳句百選/国鉄風景の30年 ー 写真でくらべる昭和と今/国家の崩壊/孤独な鳥がうたうとき/公安警察の手口/国鉄乗車券類大事典/誤訳の構造

2016年3月17日 (木)

「誤植文学アンソロジー 校正者のいる風景」高橋輝次 編

Gosyoku_takahasi

高橋輝次 編
論創社(230p)2015.12
2,160円

本書はタイトル通り、「校正」という仕事とそれに携わる人間たちをテーマとした、小説編とエッセイ編、各々8つの作品から構成されている。文章のプロとして禄を食んでいる人たちの文章だけに業界の状況や校正に携わる人々の姿、校正の仕事などが詳細に描かれている。戦前の作品を含めて年代的には幅広く選択されていて、このテーマに取り組んできた編者の努力というか執着心が見えてくる一冊だ。小説では校正者の仕事ぶりや人物像を主題に描かれたものが多く、エッセイは校正の仕事と誤植について語られていることを考えると、タイトルの「校正者のいる風景」は小説編を「誤植文学」はエッセイ編を、イメージしたように思える。

取り上げられている作品の内、佐多稲子、吉村昭、杉本苑子、杉浦民平といった作家以外は、はじめて文章に接する方々のものであった。本書のような、アンソロジーという形態では編者の視野の広がりが重要な要素であるだけに、読者として初見のものに出合うこと自体も楽しみの一つと言えるのだろう。それにしても、評者のような出版業界の門外漢としては「著者が居て、本が手元にある」という出版プロセスの頭と尻尾しか認識できていないだけに、全体のプロセスの中で編集者とか校正者をはじめとした多くの人々の、仕事の内容や成果物、必要な技術・資質などについては判っていないというのが正直なところである。

続きを読む "「誤植文学アンソロジー 校正者のいる風景」高橋輝次 編"

| | コメント (0)

2015年6月16日 (火)

「広告写真のモダニズム」松實輝彦

Koukoku__matumi

松實輝彦 著
青弓社(404p)2015.2.20
3,240円

写真史、あるいは広告の歴史に興味がある人なら、中山岩太という名前を聞いたことがあるにちがいない。聞いたことがなくても、中山岩太が撮った「福助足袋」の広告写真を見たことがあるかもしれない。「写真家・中山岩太と1930年代」とサブタイトルを打たれたこの本は、昭和前期に活躍した写真家・中山岩太を有名にした「福助足袋」をめぐって、日本の広告写真の歴史と中山岩太の足跡を交差させながらその意味を探っている。

W_2               (「福助足袋」本書より)

「福助足袋」は、中山岩太の展覧会が開かれれば必ず出品されるし写真集が出版されれば必ず掲載される、中山岩太の代表作のひとつとされる。それだけでなく、デザイン史でも画期的なものとされるし、写真表現としても従来の絵画的な「芸術写真」に代わってモダニズムの台頭を告げる作品として歴史的評価が高い。

続きを読む "「広告写真のモダニズム」松實輝彦"

| | コメント (2)

2015年4月17日 (金)

「皇后考」原 武史

Kougou_hara

原武史 著
講談社(656p)2015.2.4
3,240円

巻頭にエピグラフとして折口信夫「女帝考」から取られた一節が置かれている。実在を疑われる神功皇后(じんぐうこうごう)について書かれた文章で、「皇后とは中つ天皇(なかつすめらみこと)であり、中つ天皇は皇后であることが、まずひと口には申してよいと思うのである」というものだ。

中つ天皇というのは折口によれば「神と天皇との間に立つておいでになる御方」で、神の意志を聞いて天皇に告げる仲介者のこと。記紀には皇后、妃などと記されていると折口は言い、その例として神功皇后や飯豊青皇女(いいとよあおのひめみこ)を挙げている。

著者の原武史は先ごろ折口信夫について書かれた本を書評しながら、「女帝考」についてこう書いていた。「折口は…同時代を生きた…女性を意識していたのではないかと思いたくなる。その女性とは、大正天皇の妃で、折口が中天皇と見なした神功皇后に強い思い入れをもち、折口の最晩年に当たる1950年と51年の歌会始で相まみえた皇太后節子(さだこ)(貞明皇后)である」(朝日新聞、2015年1月25日)。

続きを読む "「皇后考」原 武史"

| | コメント (0)

2015年1月12日 (月)

「『この国のかたち』を考える」長谷部恭男

Konokuni_hasebe

長谷部恭男 編
岩波書店(224p)2014.11.27
2,052円

「「この国のかたち」を考える」 長谷部恭男編  岩波書店刊
本書は、2013年の10月から2014年の1月にかけて、東京大学で行われた学術俯瞰講座の「この国のかたち - 日本の自己イメージ」をベースとしてまとめられたもの。当時、盛んになりつつあった憲法改正に関する議論を見据えて、日本国憲法を考えるための材料を提供するという趣旨で、法学(葛西康徳:古代ギリシャ・ローマ法、宍戸常寿:憲法、長谷部恭男: 憲法)・政治学(苅部直:日本政治思想史)・歴史学(加藤陽子:日本近代史)・社会学(吉見俊哉:メディア論・都市論)といった領域からの広範な視点で構成されている。本書の編者である長谷部はその意図を「人にそれぞれ人柄があるように、国にも国柄があります。現在の日本の国柄はどのようなものか、憲法のテクストを変えることは、その国柄にどんな影響を及ぼすことになるのか・・本書がそうした問題を考える手がかりとなれば幸いです」と記している。

続きを読む "「『この国のかたち』を考える」長谷部恭男"

| | コメント (0)

2014年8月11日 (月)

「この写真がすごい 2」大竹昭子

Konosyashin_otake

大竹昭子 編著
朝日出版社(172p)2014.05.25
1,944円

『この写真がすごい 2』には70点の写真が収められている。撮影者にはプロもいればアマチュアもいるけれど、撮影者が誰か、どんな状況でどんなふうに撮られたのか、テーマやタイトルは何か、文字情報はいっさいない(巻末にまとめられている)。読者は何の先入観もなく、まず写真と向き合うことが求められる。

「すごい」と銘打たれているが、「ナショナル・ジオグラフィック」みたいに驚異的な自然とか、人間がつくった目新しい創造物のような、ひと目で「すごい」写真は実はほとんどない。誰も撮ろうと思わない変哲もない街角や、開きかけたビニールの衣装ケースをただ撮ったものなんかまである。でもじっと見ていると、たしかになにか変だ。ページをめくると、その「変」をめぐって、大竹昭子が短い文章を書いている。

続きを読む "「この写真がすごい 2」大竹昭子"

| | コメント (0)

2014年3月 9日 (日)

「国境 完全版」黒川創

Kokkyou_kurokawa

黒川創 著
河出書房新社(432p)2013.10.20
3,780円

『国境』は1998年に刊行された、日本の植民地文学をめぐるエッセイ集。それが100ページほどの書下ろしを巻頭に収めて「完全版」として出版されたのには訳がある。著者の黒川創は昨年、小説『暗殺者たち』(新潮社)を発表した。「暗殺者」とは1909(明治42)年に旧満洲のハルビン駅で伊藤博文元首相を暗殺した安重根のこと。「暗殺者たち」と複数形になっているのは、殺された伊藤博文もまた幕末の「暗殺者」であった、つまりハルビン駅頭でふたりの暗殺者が交錯したことから来ている。

『暗殺者たち』が話題になったのは、これまで全集に収められていなかった夏目漱石の「韓満所感」を黒川が発掘し、小説のなかにその全文が取り入れられていたことによる。「韓満所感」は漱石が旧満州と朝鮮を旅行したときの印象を記したもので、旅から帰った数日後に伊藤博文暗殺が起こった。その事件のことが本文中に触れられている。『国境 完全版』巻頭に納められたエッセイは、新発見の「韓満所感」をめぐって小説とはまた別の視点から漱石と満洲のかかわりを探ったものだ。

続きを読む "「国境 完全版」黒川創"

| | コメント (0)

2013年8月19日 (月)

「子どものうそ、大人の皮肉」松井智子

Kodomo_matui

松井智子 著
岩波書店(248p)2013.06.26
1,680円

著者は、「言語学・語用論」を専門とし、子どもの成長過程とコミュニケーション能力の発達について「発達心理学」の手法を用いて研究してきた人と紹介されている。「語用論」とか「発達心理学」といった言葉が並ぶと読書ハードルが高くなってしまいそうだが、学問領域の定義や方法論に関わりなく読み進んでいくのが本書の正しい読み方のように思う。

この数年を考えても、表現力、会話力、コミュニケーション力といったタイトルの本が多く出版されている。それだけ、対人関係で疑問や悩みを抱えている人が多いということだろう。しかし、言葉遣いだけに頼るノウハウ的な対処策が一人歩きすると、画一的な総ファスト・フード店員のような会話が街に満ち溢れるということになりかねない。

続きを読む "「子どものうそ、大人の皮肉」松井智子"

| | コメント (0)

2012年4月17日 (火)

「郊外はこれからどうなる?」三浦 展

Kougai_miura

三浦 展 著
中央公論新社 (238p)2011.12.09
882円

この1月に読んだ「千葉県、初の人口減少 東京圏1都3県も人口減時代に」という記事が印象に残っている。千葉県の人口が昨年、1920年の統計開始以来初めて減少することが判明したという。こうした傾向は、数年前から予測されていたこととはいえ、改めて数字をつきつけられてみると、戦後膨張を続けてきた郊外しか知らない私たち団塊世代には感慨深いものがある。千葉県の場合、東日本大震災による液状化被害や、東葛6市などが放射線量の高い「ホットスポット」と指摘されたことが原因とされているが、こうした現象がなくても、少子高齢化などで、東京圏の郊外は10年代後半か20年ごろから減少に転じると予測されている。今後、郊外はどうなっていくのか大いに気になるところだ。

続きを読む "「郊外はこれからどうなる?」三浦 展"

| | コメント (0)

2011年4月11日 (月)

「甲骨文字小字典」落合淳思

Koukotu_2

落合淳思 著
筑摩書房(348p)2011.02.16
1,995円

本書は甲骨文字のそもそもから始まって、殷墟(古代殷帝国址)、甲骨占卜の仕組み、甲骨文字の成り立ちなどが説明されていて、字典といいながら甲骨文字の入門書としての色彩も濃い。帯に「引く、読む、楽しむ」と赤色のキャッチ・コピーが大書されているのも本書の狙いをストレートに表現している。筆者は中学校に入ったばかりの頃、みすず書房から1957年に刊行された貝塚茂樹著の「古代殷帝国」を父親の本棚で見つけて読み耽っていた。冒頭に書かれていた甲骨文字発見のエピソードが強烈に印象に残っている。それは「竜の骨」と名付けられ、北京の漢方薬屋で売られていた亀の甲や牛の肩甲骨はマラリアに効能があるといわれていた。持病のために買い求めにいったとある学者がその「竜の骨」に文字らしきものを見つけたことが甲骨文字の発見であり研究が始まったというもの。そんなこともあり一時期甲骨文字少年であった私の本棚には父の蔵書であった「古代殷帝国」が何時の頃からか鎮座している。

続きを読む "「甲骨文字小字典」落合淳思"

| | コメント (0)

2009年1月29日 (木)

「国民的俳句百選」長谷川 櫂

Kokumin 長谷川 櫂著
講談社(342p)2008.11.05
1,785円

オバサン達から人気絶頂の俳人・長谷川櫂が講談社の週刊現代に書き継いできたコラムの単行本化である。国民的俳句百選というだけあって、世に名句といわれているものの読み方、味わい方などの解説とともに百句以外の句も数多く紹介されている。百句に絞り込むことの難しさもあったからだとは思うが、なかなか盛り沢山な内容である。あくまで普通の人
(週刊現代の読者:オジサン)を 対象とした俳句のコラムがベースでもあり、読みやすい一冊になったとおもう。帯のキャッチは「読めば俳句がよくわかる。読めば日本がよくわかる。」という 直接的な売り文句が並んでいるものの、安易に読者に迎合した内容になることもなく全体の破綻もないところは著者の腕の冴えである。この種のコラムが週刊誌で100(二年間)続くというのも考えてみれば、俳句が身近に存在している証左でもあり、私達が考える以上に俳句・川柳文化は現代に深く定着していると実感する。

続きを読む "「国民的俳句百選」長谷川 櫂"

| | コメント (0)