さ  行

裁判官も人である/在野研究ビギナーズ/サリン事件死刑囚 中川智正との対話/ザ・カルテル(上下)/3.11 震災は日本を変えたのか/されどスウィング/さらさらさん/残夢整理 – 昭和の青春/さよなら渓谷/ザ・ペニンシュラ・クエスチョン  朝鮮半島第二次核危機/サラーム・パックス/さびしいまる、くるしいまる。/さらば闇の馬券師

2020年7月17日 (金)

「裁判官も人である」岩瀬達也

岩瀬達也 著
講談社(330p)2020.01.31
1,870円

多様な事件の訴訟、裁判に関するニュースは毎日の様に報道されている。そうしたニュースを読みながらも、三権分立の中で、特に司法の独立性はそれなりに担保されると無意識のうちに思っている自分がいる。「裁判官、弁明せず」と言われる様に、裁判官は自らの下した判断に解説することはない。それだけに、司法の実態については自分から積極的に知ろうとしない限り時代とともに進んで行く法律解釈の変化を理解していくことは難しい。

本書では、裁判官が判決に至るプロセスを追いながら、死刑制度、原発の稼働、最高裁を頂点とする裁判所組織、人事評価や裁判官の独立性といった、現代の司法が抱えている課題を多くの視点から取り上げている。特に、「司法」は裁判所を運営する最高裁判所の司法行政部門があり、それは行政の一部であると著者は指摘する。別の言い方をすれば、「人事権と予算査定権を立法府と行政府に握られている最高裁判所は三権分立の理念を実践できていない」という主張である。それを示すために本書では日々の裁判官の仕事の中で発生する判決で、国策を否定したり、各分野の違憲判決や最高裁判例を覆さざるを得ない判断によって発生する裁判介入や人事異動、評価への影響などを描いている。

国策に対する裁判として、原発の再稼働時の判決が取り上げられている。一連の裁判は、2006年金沢地裁は北陸電力の志賀原発2号機の安全対策が不十分として原発の停止を判断したことに始まる。2011年東日本大震災による東京電力福島原発の事故の後、2014年福井地裁での樋口裁判長は大飯原発の安全技術と設備は脆弱であるとして3号機と4号機の停止判決を出した。以降、高浜原発3-4号機の再稼働禁止、川内再稼働容認、伊方原発の再稼働容認、伊方原発の再稼働禁止、伊方原発再稼働容認といった形で原発再稼働の禁止と容認の判決が行ったり来たりの歴史を繰り返している。

ただ、2013年に最高裁判所は「高度な専門性が求められる原発の安全性を専門知識の無い裁判官が判断するのは難しい。従って、裁判官は行政側の審査基準が正当で、その審査過程で大きな手続き的欠落がないかを審査し、安全性の独自の審査には自省的であること」という意見を研修資料に取り入れている。介入ではなくガイドラインであると言い張るのだろうが、それは無理である。こうした状況下においては、原発再稼働を止めた裁判官と再稼働を認めた裁判官のその後のキャリアを見ると、法律議論以前に国策に逆らった裁判官に対する処分と言わざるを得ない。

また、裁判官への介入が公になったのが札幌地裁で行われた「長沼ナイキ事件」である。地対空ミサイルのナイキを配備するために保安林を伐採しようとした国に対して住民が起こした訴訟である。第二次安保闘争など騒然とした社会状況の中の1969年に札幌地裁の福島裁判長は「憲法違反の恐れのある自衛隊のために保安林指定解除処分の執行を停止すべき」と判決を出したのだが、その判決内容が国に告知される前に平賀札幌地方裁判所長が福島裁判長宛てに「国側の主張を認めるよう求めた」書簡を届け、結果その書簡が外部に流出したという事件である。

青年法律家協会の裁判官部会の世話人をしていた宮本は福島と同期で、平賀書簡の外部流出の犯人と最高裁から疑われ、青年法律家協会に参加していた裁判官達に対する差別(ブルーパージと呼ばれた)とともに、宮本は10年目の裁判官再任審査でただひとり再任されなかった。この問題は、裁判干渉が露骨に行われていた事実と人事権の使われ方の異常性である。ちなみに再任されなかった宮本は弁護士登録に必要な経歴保証書を最高裁判所に求めたが最高裁は発行を拒否したため、弁護士会の特例処置で弁護士登録が行われたと言う。

こうした、裁判官の職業人としての独立性を担保する仕組みの例として、裁判所法では「意に沿わない人事異動は応じなくて良い」という考え方が紹介されている。しかし、全国3000人の裁判官で構成されていることを考えれば、必然的に異動を前提にして育成・昇進をやって行かなければ組織運営は回って行かないのは目に見えている。毎年8月に裁判官は自身の健康状態、家族構成とともに次の異動の希望任地を記載するが、ここで「希望任地以外は不可」を選択すると処遇・昇進面で制約をうけることになるという。民間であれば社員は「希望」や「異動が出来ない理由」を上司に申告することはあっても、異動の発令が有ればそれに従うことになり、かりに「組織の指示に従わないとすれば、その結果「失う」ものもあるということは明らかだ。組織で仕事をする限り、裁判官の権利と考えてしまうと、問題を矮小化してしまうのではないか。職業人としての姿勢と組織の仕組みの両面を考えないと真の独立性の議論にはなりそうもない。

また、死刑制度そのものの問題提起している。現在、先進7ヶ国(G7)の中で死刑制度を続けているのはアメリカと日本だけである。戦後の憲法改正作業の時、GHQの法政司法課長だったドイツ系アメリカ人は死刑制度廃止論に立つ弁護士であったが、日本政府が死刑制度の温存を求めたため、あえて異議を唱えなかったという。この結果、現憲法下でも死刑制度は存続したが、一石を投じた事件として2011年に大阪で発生した放火事件(5名死亡)である。裁判長は死刑を宣告したが、この裁判では死刑は残虐な刑罰に当たるのかどうかが問われた。証人の一人であった元検察官の筑波大学教授が「絞首刑はむごたらしいとは言えないとは、実態を知らなさすぎる、と言わざるを得ない」と意見を述べている。検察官は死刑執行に立ち会う義務があるが、裁判官にはない。このため、死刑執行に立ち会ったこともない裁判官が「絞首刑は惨たらしくない」という判断がなぜできるのかと、裁判官を揶揄するような意見が紹介されている。こうした事例を読むにつけても、まだまだ、死刑制度に関しては議論が続く論点の様だ。

そして、気になった点がある。1968年に起きた尊属殺人事件で1969年宇都宮地裁は尊属殺人条項は違憲という判断をし、過剰防衛であるものの情状の余地ありとして刑を免じた。本来尊属殺人は死刑もしくは無期懲役であり、東京高裁は一審判決を破棄して情状懲役酌量のうえ3年6ヶ月の実刑判決を言い渡した。この判決にたいし世論は極めて批判的で1973年に最高裁は尊属殺人の違憲判断をするに至る。しかし、尊属殺人の条文が刑法から削除されたのは1995年の改正刑法である。何と時間の掛かることかと思う。司法判断から立法までの道のりの長さは気が遠くなる様だ。

裁判員制度がスタートして10年を超え、6万人以上の国民が裁判員として裁判に参加している状況を考えれば、自分自身が裁判に出席して人を裁くことはもはや他人事ではない時代になっていると思う。裁判員裁判制度の評価をするにはまだ早いのかもしれないが、裁判員裁判では裁判員は被害者の立場がストレートに出るため、量刑的に厳しい判決になりやすいと言われている。しかし、本来、法理だけではなく、社会経験からも判断するということが裁判員裁判の目的だとすると、その目的を果た結果ではないのかと思う。自分が人を裁き、量刑判断しなければならない時が来ることを想定しながら本書を読みながら、今更ながら裁判官という職業の大変さを実感する。(内池正名)

| | コメント (0)

2019年10月18日 (金)

「在野研究ビギナーズ」荒木優太 編

荒木優太 編
明石書店(286p)2019.09.06
1,980円

「在野」という言葉の意味を問われて、「ブロ」に対する「アマチュア」、「公」に対する「民」、「組織」に対する「個」といった様に、自分自身の中では曖昧な概念として理解していることに気付かせられた。本書は10名を超える在野で研究している人達の実践体験を自ら紹介する形で「在野」を選択した理由や研究手法、仕事との兼ね合いなどが語られている。編者の荒木は、「在野研究」とは「大学に所属しない学問研究」というザックリとした定義で研究者を取り上げていることもあり、対象の広がりが面白さを増している。

「在野」という言葉は在朝(政府)と対で用いられたもので、「十分に能力はあるが朝廷に仕えない民間人」を指していた。明治以降はより広く政権を得ていない政治家達を指し、官学に対して私学を確立する教育者たち(福沢諭吉や大隈重信)も「在野」であり、美術の世界で官展(日展)の外での芸術活動に対して在野という言葉が使われているという記述を読むと、自分自身の定義の曖昧さという事だけでなく、「在野」ということばが時代とともに多様な使われ方をしてきたことが良く判る。

戦後、鶴見俊輔たちが立ち上げた「思想の科学」の同人たちは「民間アカデミズム」とか「在野の知識人」といった表現がされているのだが、鶴見は終戦で復員するとともに大学に籍を置いていたことを考えると何となくしっくりこない。とは言え、少なくとも「アカデミズム」に埋没していなかったと言うのは事実だ。そう考えると荒木の言う「在野とは、権力そのものを相対化する立場」という意味付けが私には一番納得感がある。

本書は、大きく三つの論点で構成されている。第一部として「働きながら論文を書く」という観点、第二部は「学問的なるものの周辺」としていかにも学問的な領域から趣味的な領域まで知の世界を広く紹介している。第三部は「在野研究」のインフラとして「新しいコミュニケーションと大学の再利用」を取り上げている。ただ、各章は14名の在野研究家たちが自らの研究の説明をしているので、興味のある章だけを読み進むことでも十分楽しめる。

何故在野で研究を始めたかについては、「教員になりたくなかった」とか「研究は好きだが仕事にはしたくない」という理由を挙げている人もいれば、人文系は一人で文献を読むことで成果は出せるという人も居る。そうした中でアシナガバエを研究してきた人が学問領域の特性として、生物の研究は歴史的にアマチュア研究者が大きな役割を果たしたという指摘をしている。フィールドの調査、収集が基本という理由だろう。

研究領域によって在野研究のやり易さ、やり難さがあると思うが、やはり設備・装置が要らない人文系が多くなるのは否めないと思う。働きながらの研究は「仕事が研究に役に立つのか」や「研究が仕事の役に立つのか」といった真面目な論点もあるのだろうが、いずれにしても両立させる努力と割り切りが必要ということだろう。

在野で研究することの苦労の種も多く語られている。文献収集やフィールドワークの費用捻出、大学図書館へのアクセスの制約、他研究者との接点の少なさによる学問的刺激の不足等々。こうした点は想像がつく範囲であるが、論文やフィールド調査に於ける「肩書」が悩みどころであるとは気づかなかった点だ。やはり仕事上の名刺みたいなものが必要なのだろうか。海外論文では「Independent Scholar」という肩書が使われていて問題ない様であるが、「皇居におけるタヌキの食性と季節変動」という2008年の論文の共著者のひとり「明仁」という人物の所属は「御所(The Imperial Residence)」と記載されているという。何とも不思議な表見である。

昨今の情報化社会で言えば、情報の発信・検索の観点では、図書館などに情報収集を依存する必要性は徐々に少なくなっているし、今までであれば論文によって研究成果を発信していたものが、多くの在野の研究者がインターネットを活用しているというのは肯けるところだ。そもそもインターネットで情報を集めることにコストは掛からないし、自宅で検索が出来ることを考えると、10年、20年前の研究状況とは全く変わってしまっていると思う。

同時に、発信手段として考えれば、日本語・英語の併記発信をすると海外研究者の目に止まる頻度も圧倒的に多くなる。こうした、グルーピングの形成も新しい流れなのだろう。ただ、インターネットによる欠点として、web情報にページの概念がなく、参照先を明確にし難いという指摘も一理ある。

一方、物理的な「本」の価値を力説している人がいる。本の効用として論考のまとめ、研究のけじめ等に加えて訂正がないことを指摘しており、「本は研究を終わらせるとともに、次を始めさせる強制力としての作用」があるというもの。その気持ちはなんとなく判る気がする指摘だ。

「在野」の学問のあり方について一般解が有るわけではないし、本書でも研究者達の体験・実践をベースにして読者一人一人が手法選択のヒントにしてほしいと編者は言っている。興味のあることを掘り下げて調べたり、実験したりすることは本人が無自覚のうちに研究者的なことをしている人は多いという。そう考えると、ちょっとした発想の転換で趣味が研究に変わるという事だ。つまり、「好きなものに憑りつかれ、好きの力を信じる」という姿勢が在野を支えているというのは事実だろう。その中で「書評を書くことも研究」という意見が出ていたが、今私が書いている読書感想文的書評では「継続」の意味はあっても「研究」には程遠いと思うのだが。

在野研究には「明日が無い」と編者は言う。
「明日は労働、育児、家事、病院通いといったもろもろのスケジュールで埋め尽くされているから。それでも『明後日はある』と信じて在野の研究者は日々励んでいる。また、明日の明日(明後日)は二重の意味で在野研究者に到来する。知識不足、指導者不在、その研究がなんの価値があるのかといった不安定の中、それでも突き進む頓珍漢でジグザグな方向へ、あさっての方向へ」

それでも、既存のアカデミズムの利用出来るものを目ざとく見つけ、「好きな領域=趣味」を掘り下げるという姿勢は、長い人生を考えれば自分自身でも持ち続けたいと思わせられた。

そう書きながら、若い時に国鉄の切符を集めていたことを思い出した。昭和初期から昭和30年代の山手線の切符の変遷だ。渋谷駅の切符のパンチの形が昭和16年の10月前後で変更になっていたり、硬券から物資不足で軟券に代わっていったり、なかなか興味深い事実があったことを思い出し、本棚の切符ホルダーを手にした。

「あさっての方向」でも「好きな方向」ならいい。研究という観点だけでなく、人生感として読んでも面白い一冊だった。(内池正名 )

| | コメント (0)

2018年12月16日 (日)

「サリン事件死刑囚 中川智正との対話」アンソニー・トゥー

Sarin_anthony

アンソニー・トゥー 著
KADOKAWA(232p)2018.07.26
1,512円

サリン事件の死刑囚が東京拘置所から各地の拘置所に移送され死刑執行が近いだろうという想定はしていたものの、実際に麻原以下7名の死刑か執行されたとのニュースに接すると色々な思いが去来した。教団の国政選挙出馬、坂本弁護士一家殺人事件、松本サリン事件、東京地下鉄サリン事件といった、それまでの常識ではとても理解出来ないオウムの宗教活動や犯罪が続くと同時に、私自身も会社で責任分野が変わった時期で、多少なりともこの事件に対して企業として対応しなければならなかったことも思い出す。麻原は多くを語る事なく死刑が執行された。結局、ぼんやりとした割り切れなさだけが残ってしまった。

この事件は世界で初めて一般市民に対して化学兵器が使われた大規模テロであり、戦時に使用されるために開発製造されて来た化学兵器が防衛手段を持たない市民に使用されるリスクが指摘され民間防衛(シビル・ディフェンス)の重要性が語られる契機になったといわれている。これは警察と軍隊との役割の再確認と、宗教活動と政治の妥当な折り合いを見いだせるのかが問われた事件だったと思っている。

続きを読む "「サリン事件死刑囚 中川智正との対話」アンソニー・トゥー"

| | コメント (0)

2016年7月19日 (火)

「ザ・カルテル(上下)」ドン・ウィンズロウ

The_cartel_don_winslow

ドン・ウィンズロウ 著
角川文庫(上636p、下594p)2016.04.23
各1,296円
ドン・ウィンズロウの『犬の力』(2009)は、アメリカとメキシコを舞台に数十年にわたる麻薬戦争を描いた傑作ミステリーだった。米国麻薬取締局(DEA)捜査官とメキシコ麻薬カルテルのボスが宿命的に対決する物語の圧倒的な面白さで、確かその年のミステリー・ランキングで1位を総なめしたはずだ。『ザ・カルテル』はその続編に当たる。

冒頭に「本書を次の人々に捧げる」として、131人もの人々の名前が4ページにわたって挙げられている。著者は、「(131人は)本書の物語が展開する時代に、メキシコで殺されたり“消え”たりしたジャーナリストの一部である」と述べ、こうつけくわえている。「本書はフィクションである。しかし、メキシコの“麻薬戦争”に詳しい人なら誰でも、本文中の出来事が実際の出来事から着想を得ていることに気づくだろう。わたしは数多くのジャーナリストの作品を参考にした」

続きを読む "「ザ・カルテル(上下)」ドン・ウィンズロウ"

| | コメント (0)

2016年4月19日 (火)

「3.11 震災は日本を変えたのか」 リチャード・J・サミュエルズ

311_richard

リチャード・J・サミュエルズ著
英治出版(432p)2016.03.08
3,024円

3.11から5年が経った。その間、多くの刊行物や報道が多様な視点でこの災害を表現し、論じてきた。3.11に係わる本をそれなりに読んで来たつもりではあるが、外国の研究者によるものは初めてだと思う。著者は1951年生まれ、MIT( Massachusetts Institute of Technology)政治学部教授、MIT国際研究センター所長で日本の政治経済と安全保障政策を専門としている所謂知日派である。原書はコーネル大学出版局から「3.11 Disaster and Change in Japan」と題して出版されたもので、「3.11」の結果として、日本の何が変わって、何が変わらなかったのかという視点から、国家安全保障、エネルギー政策、地方自治といった三つの観点を掘り下げている。

本書を読むに際していくつかのポイントがあると思うのだが、その一つが、原書は2013年4月に出版され、3.11発生からの2年間を俯瞰したものであること。つまり現在から見ると直近の3年間の状況は反映されていないということである。政治的に言えば菅直人・野田佳彦という二人の総理大臣の民主党政権の時代である。二点目は著者が日本の政治経済と安全保障政策の専門家として日本国内外の幅広い情報チャネルや文献を駆使して実証しており、これによって新しい視点との出会いが期待されること。三点目は、1854年の安政の大地震をはじめ、関東大震災、阪神淡路大震災など、過去日本で発生した自然災害への対応事例を詳細に分析しており、3.11以前からの著者の日本研究の成果が発揮されている。

続きを読む "「3.11 震災は日本を変えたのか」 リチャード・J・サミュエルズ"

| | コメント (0)

2015年9月22日 (火)

「されどスウィング」相倉久人

Saredo_aikura

相倉久人 著
青土社(256p)2015.07.25
2,376円

相倉久人が「ジャズは死んだ」と宣言してジャズ評論から撤退したのは1971年のことだった。ジャズ喫茶に通いはしたが、ときどきライブハウスをのぞく程度のジャズ・ファンにすぎなかった僕は、このときの相倉の文章をきちんと読んでいない。でも今から考えると、この「死んだ」という言葉には二つの意味が込められていたように思う。

ひとつは相倉久人が自ら語っているように、「これこそジャズだ」と信じた音楽が死んだということ。象徴的に言えば、1967年にジョン・コルトレーンが亡くなったとき、ジャズは死んだという認識。1940年代のビ・バップ、50年代のハードバップと発展してきたジャズの主流は、60年代になって二つの方向に分解した。ひとつはコルトレーンを代表とする前衛ジャズ。もうひとつは、エレクトリック・サウンドのジャズからフュージョンへという流れ。

続きを読む "「されどスウィング」相倉久人"

| | コメント (0)

2013年4月20日 (土)

「さらさらさん」大野更紗

Salasa_ohono

大野更紗 著
ポプラ社(360p)2013.03.13
1,470円

著者は25歳で「筋膜炎脂肪織炎症候群」という難病を発症し、退院したもののステロイドをはじめ30数種のくすりを服用しつつ、室内での安静状態を余儀なくされていながら親と同居することなく一人暮らしをしている女性。1984年生まれ、2008年に上智大学外国語学科フランス語科を卒業後、ビルマ難民支援や民主化運動に関心を抱いて大学院に進学。ビルマでのフィールドワークの最中に発症した。本書は著者にとって二作目の本であり、評者は一作目も読んでいなかったので、この際とばかり、「さらさらさん」と一作目の「困ってるひと」をまとめて読んでみた。

続きを読む "「さらさらさん」大野更紗"

| | コメント (0)

2010年8月13日 (金)

「残夢整理 – 昭和の青春」多田富雄

Zanmu

多田富雄 著
新潮社(228p)2010.06
1,680円

多田富雄は1934年生まれ、東大医学部教授から東京理科大の生命科学研究所所長などを歴任。免疫学の泰斗であるとともに、俳句・能にも造詣が深く、自ら新作能も多く書き下ろしているという多能の人。今年の4月に前立腺がんで死去、享年76歳であった。この10年間は脳梗塞から声を失い、右半身不随となったものの、「新潮」2009年新年号から2010年3月号が本書の初出であることからも判るように、病後も精力的に執筆活動を続けてきた。病の中で著者がその生涯を振り返って思い出深い6名の人物、5名の故人と1名の消息不明者についての回想であり、完結していない気持ちを自分なりに片付けようとして綴るまさに「残夢整理」である。上手いタイトルをつけるものである。

続きを読む "「残夢整理 – 昭和の青春」多田富雄"

| | コメント (0)

2008年11月12日 (水)

「さよなら渓谷」 吉田修一

Sayonara 吉田修一著
新潮社(208p)2008.06.20

1,470円

私ごとから始めるのをお許しいただきたい。小生、1年ほどニューヨークに滞在していた。8月中旬に帰国して1カ月。まだ日本の日常に復帰しきれていない。 電車に乗っても町を歩いていても、ニューヨークと違ってやけにきれいで清潔で静かで、なんだかアメリカからまた別の国に来たみたいで、自分が半世紀以上も 暮らして慣れ親しんだ国に戻ったという実感がない。それと関係あるのかどうか、1年ぶりにこのレビューを書こうと新刊を読みはじめたけれど、2冊試みて2冊とも最後まで読み通せずに放り投げてしまった。どちらも興味あって買った本なんだけど、身体のどこかが醒めていて忍耐がきかない。

続きを読む "「さよなら渓谷」 吉田修一"

| | コメント (0)

2008年11月10日 (月)

「ザ・ペニンシュラ・クエスチョン  朝鮮半島第二次核危機」船橋洋一

Penin 船橋洋一著
朝日新聞社(752p)2006.10.30

2,625円

北朝鮮が弾道ミサイル発射につづいて核実験をおこない、米朝中露韓日による六者協議が進行しているまっただなかに出版された「朝鮮半島第二次核危機の現在史」である。本の厚さ4センチ、752ページがずっしり重い。名前を挙げられているだけでも160人の当事者に取材した超重量級のノンフィクションだ。

続きを読む "「ザ・ペニンシュラ・クエスチョン  朝鮮半島第二次核危機」船橋洋一"

| | コメント (0)