と  

童謡の百年/トレイルズ 『道』と歩くことの哲学/閉じてゆく帝国と逆説の21世紀経済/動物記/友は野末に/都市はなぜ魂を失ったか/東京プリズン/ドキュメント アメリカ先住民/「東北」再生/倒壊する巨塔(上・下)/「東京裁判」を読む/動的平衡/東京大学のアルバート・アイラー/時のしずく/東京の空の下、今日も町歩き

2018年9月23日 (日)

「童謡の百年」 井手口彰典

Douyou_ideguchi

井手口彰典 著
筑摩書房(320p)2018.02.15
1,728円

1918年(大正7年)に鈴木三重吉が児童向け雑誌「赤い鳥」を創刊し、童謡創作運動が盛り上がるきっかけとなった。この年を起点として、今年は「童謡誕生100年」と言われている。本書の冒頭には「かごめかごめ」「春が来た」「春よ来い」「およげ!たいやきくん」など10曲の題名が列挙されて、各々が「童謡」か「唱歌」かを判別せよという質問が出されている。古そうだから唱歌かなとというレベルの判断でページをめくり答えを見ると、「残念ながら答え合わせは出来ません」とある。厳密な意味で、何が童謡であるかの定義はできていないという現実を理解するところから本書の読書は始まる。真正面から「童謡」と「唱歌」の違いはという問いを突き付けられると、はたと答えに窮するというのもやむを得ないことのようである。

感覚的には「童謡」という言葉で一括りにしているが、童謡、わらべ唄、唱歌と言われているものから戦後に人気を博した児童歌手や「うたのおばさん」が唄う歌、アニメソングやCMソングなど、各々の時代に多様なジャンルの童謡的な歌が存在してきた。本書はそうした童謡にまつわる過去の記録を掘り起こして、折々の社会・時代でどのように受け止められ、歌われ、語られて来たのかを探り、人々が童謡に対して抱いているイメージの変化の過程を明らかにしようとしている。

続きを読む "「童謡の百年」 井手口彰典"

| | コメント (0)

2018年7月24日 (火)

「トレイルズ 『道』と歩くことの哲学」ロバート・ムーア

Trails_robert_3

ロバート・ムーア 著
A&E Books(376p)2018.01.25
2,376円

アメリカ東部のアパラチア山脈に沿ってアパラチアン・トレイルズという長距離自然歩道がある。本書はメイン州からジョージア州までの3500kmというこの道を5カ月かけて歩いた紀行文であると同時に、小さな細胞からゾウの群れまであらゆるサイズの生き物が「トレイル・道」を拠り所にして生きている実態や、人類が積み上げてきた「道」に関する歴史と将来を考察している。こうした幅広い視点をカバーしているため、読み手からすると話の飛躍と変化についていく努力が求められているのも事実。私は「旧街道歩き」を趣味にしているので、歩くことの楽しみは自分なりの理解をしているつもりであるが、「あなたは何故、歩くのか」という著者からの問いかけに応答しながらの読書となった。

本書は人間以外の生物のトレイルと人類が作り上げてきたトレイルの二つの視点から構成されていて、自ら歩き、体験した記録と多様な学術的成果を織り交ぜながらエピソードを紹介している。

続きを読む "「トレイルズ 『道』と歩くことの哲学」ロバート・ムーア"

| | コメント (0)

2017年12月17日 (日)

「閉じてゆく帝国と逆説の21世紀経済」水野和夫

Tojite_mizuno

水野和夫 著
集英社新書(272p)2017.05.22
842円

6年前、水野和夫の『終わりなき危機 君はグローバリゼーションの真実を見たか』(日本経済新聞出版社)を読んだ。ゼロ金利、ゼロ成長と格差拡大がつづく日本経済の閉塞を、中世から近代への転換期だった16世紀イタリアと比較しながら資本主義の行き詰まりと捉える壮大な見取り図に興奮した(ブック・ナビにも感想を書いた)。この本の末尾で水野は、来るべき世界の見取図を「脱成長の時代」「定常システム」という言葉でラフスケッチしていた。言葉だけで中身がほとんど説明されていないのは、それが著者のなかで着想の段階であり、考えが十分に熟していなかったからだろう。本書を読んだのは、その着想がどう深化しているかを知りたかったから。

そこへいく前に、まず著者が現在の世界をどう考えているかを見てみよう。

英国のEU離脱やトランプ大統領の誕生を水野は、世界中で貧富の格差を拡大するグローバリゼーションへの抵抗、「国民国家へのゆり戻し」と考える。近代の国民国家は、豊かな生活や市民社会の安定といった市民の欲望に答えるために生産力の増大を必要とした。生産力を増大=成長するためには、世界には常にフロンティアがなければならない。フロンティアから富を中央(英国、米国といった覇権国)に集中させる(別の言葉でいえば収奪する)ことによって、資本は自己を増殖させてゆく。

続きを読む "「閉じてゆく帝国と逆説の21世紀経済」水野和夫"

| | コメント (0)

2015年7月12日 (日)

「動物記」高橋源一郎

Doubutu_takahashi

高橋源一郎 著
河出書房新社(276p)2015.04.09
1,728円

本書に収められている9つの短編は全て雑誌「文藝」に掲載されたもので、動物に係わる小説がずらりと並んでいる。各々は高橋の作品らしく、一ひねりも二ひねりもされていて、表現に仕組まれているユーモアを理解するための知識、それは文学的や動物学的そして極めて現代風なカルチャーというか風俗にまで及ぶ多様な事柄に理解と共感を持っていることを読者に対して要求している。そうした実験も、ある一定の読者層が想定される文芸雑誌を土俵にしているが故に可能なのかもしれない。動物に係わるといっても、「人間」の形に変えられたり、人間の「言葉」をしゃべる様になった動物たちの言葉や行動といった自由な表現に対し、読み手としての心の柔軟性が問われるようだ。

それは、通常の小説のように人間を描写し、人間の感性を表現する限りにおいては、読者としての知識と常識の中でその表現を読み解いたり、感動したりすることが出来るものだが、話の冒頭から、突然人間の形になったオオアリクイが出てくると、そもそもなにを考えて生きている動物なのかも良く判らないという不安感から読書が始まるわけで、甚だスリリングな時間を過ごすことになる。そして、人間の形に変った彼らは動物の視点から「人間」同志ではけして理解できない、人間の不器用さや狡さについて指摘をする。

続きを読む "「動物記」高橋源一郎"

| | コメント (0)

2015年5月11日 (月)

「友は野末に」色川武大

Tomoha_irokawa

色川武大 著
新潮社(251p)2015.03.31
2,160円

本書は、昭和という時代を生き抜いた色川武大(昭和4年生、平成元年没)の九つの短編と二つの対談を収めている。今時、珍しい紙ケースに入ったデザインも凝っているし、本体表紙はそれを上回るインパクトがあって、彼の小説が持つ幻惑的な印象を上手く表現した装丁である。色川は「無頼派」と呼ばれた作風の通り、短編の中で綴られているエピソードは、厳格な軍人を父として持つ息子の反抗・放浪・挫折、戦後混乱期の生きるための庶民の知恵とあがき、花街の生活、ヒロポン中毒、胡散臭いギャンブル、新宿などの闇市とそこに跳梁する暴力団、常に身近にあった死、そして長期間の空白を経た突然の邂逅、といったモチーフがちりばめられている。

同世代の人達であれば体験的に共鳴することも、批判することも出来るのだろう。しかし、評者のような一世代遅れの「団塊の世代」にとっては、そこに描写されている情景の雰囲気やイメージは理解出来るものの、体験的実感ではなく親から伝え聞いた話やぼんやりとした思い出の中の時代なのだ。そうした時代背景とは別に、色川を終生悩ませた「ナルコレプシー」という病の影が作品の中に色濃く出ている。突然眠りに落ちたり、眠りと脳の活動のアンバランスから生じる幻覚に襲われる病気だが、そうした病状や薬の副作用から逃げることなく文学作品の中にそれらを表現していった。

続きを読む "「友は野末に」色川武大"

| | コメント (0)

2013年9月15日 (日)

「都市はなぜ魂を失ったか」シャロン・ズーキン

Toshi_chalon

シャロン・ズーキン 著
講談社(392p)2013.01.12
3,990円

副題として「ジェイコブズ後のニューヨーク論」とある。本書でいう「都市」とは「ニューヨーク市(NYC)」であり、時代は「ジェイコブズ後」とあるように1980年代以降を主な対象としているのだが、過去からの経緯も詳しく語られているのに加えて、多様な映画や小説からの引用も多く、ニューヨークに対する広範な知識がないと、本当の意味で読みこなして行くのはなかなか難しい本である。仮に、本書を大学の都市計画の教科書として使おうとすると、教える側も教わる側もベースとなる知識の要求レベルに対応するのは大変なエネルギーを要するのではないかと想像する。

評者のような週末読書家で、NYCに対する知識や体験といえば、仕事の関係でマンハッタンから車で小一時間ほど北に位置するホワイトプレーンズやアーモンクといった、いわばニューヨーク郊外に滞在する出張は多かったものの、マンハッタンに宿泊した経験は殆どないという「NYCの素人」にとっては、見たこともない映画からの引用は適当に読み飛ばしつつ、現在のニューヨーク・ガイドブックとして読んでいくという楽しみ方も可能な一冊だと思う。

続きを読む "「都市はなぜ魂を失ったか」シャロン・ズーキン"

| | コメント (0)

2012年9月12日 (水)

「東京プリズン」赤坂真理

Tokyo_akasaka

赤坂真理 著
河出書房新社(448p)2012.07.24
1,890円

赤坂真理の小説を読んだことはなかった。彼女を知っているといえば、寺島しのぶが素晴らしく魅力的だった映画『ヴァイブレータ』(廣木隆一監督)の原作者としてだけだった。そして寺島しのぶがこの小説に惚れ込み、赤坂真理もまた映画が気に入っている、とどこかで読んだことがあった。

主人公は30歳過ぎの女性ライター。自分の頭の中に入り込むいろんな声に悩まされ、不眠や過食に苦しんでいる。彼女は偶然コンビニで出会った長距離トラック運転手に声をかけ、そのまま男のトラックに同乗してしまう。孤独な心と心が寄り添う、ひりひりしているのになぜか優しい気持ちになれる、不思議な感触のロードムーヴィーだった。

続きを読む "「東京プリズン」赤坂真理"

| | コメント (0)

2012年1月10日 (火)

「ドキュメント アメリカ先住民」鎌田 遵

Document_kamata_2

鎌田 遵 著
大月書店(432p)2011.11.18
2,940 円

アメリカ西部のニューメキシコ州にあるサンタフェは、アメリカ人が国内で行ってみたい場所のアンケートを取るとたいていナンバーワンにランクされる、日本でいえば京都みたいな土地だ。先住民プエブロ族とヨーロッパからこの地に最初に入り込んだスペインの文化が濃厚に残り、町中の建物も黄土色のプエブロふうに統一され美術家やアーティストも多く住む、砂漠の中の小さく美しい町。

続きを読む "「ドキュメント アメリカ先住民」鎌田 遵"

| | コメント (0)

2011年10月11日 (火)

「『東北』再生」赤坂憲雄、小熊英二、山内明美

Tohoku

赤坂憲雄、小熊英二、山内明美 著
イーストプレス(141p)2011.07
1,050円

2010年末、父の一周忌の後、老母を福島から東京に転居させた。代々住みなれた家は無人のまま残しておいたが3.11で屋根の瓦は落ち、土台に亀裂が入り、石灯籠は倒れ、地震保険的にいえば半壊状態となった。市内の菩提寺にある墓は一部倒壊。「余震もひどく、また倒れるかもしれないので、落ち着いてから石屋さんに修理を頼みましょう」という寺の住職の助言も辛い。数ヶ月が経ち従兄弟と話しをすると「今年の桜」の印象があまりないという。知らぬ間に福島の春は過ぎていったようだ。3.11後も家の片付けや事務処理のために月に二回は福島に戻っている。震災や原発事故に関連した数多くの書籍が出版されたし、報道もされてきた。過剰とも思える情報が発信されている一方で原発については断片的な情報も多く、その選択に悩みつつ、同時に全ての情報やデータが提示されているのだろうかという不安も続いた半年であった。

続きを読む "「『東北』再生」赤坂憲雄、小熊英二、山内明美"

| | コメント (0)

2009年11月 6日 (金)

「倒壊する巨塔(上・下)」ローレンス・ライト

Toukaiローレンス・ライト 著
白水社(上下各386p)2009.08.20
各2,520円

タイトルの「倒壊する巨塔」とは、ニューヨークの世界貿易センタービルを指す。「アルカイダと『9.11』への道」とサブタイトルを打たれたこの本は、2007年のピュリツァー賞を得た。僕の知る範囲で、この「世界が変わった日」と呼ばれる事件にいちばん詳細に、しかも深くまで切り込んだノンフィクションだと思う。雑誌「ニューヨーカー」のスタッフ・ライターである著者は、同時テロが起きた9月11日その日に編集部と構想を練りはじめ、何度かに分けて同誌に発表した後、06年に一冊の本として刊行した。その間、取材のために各国でインタビューした人の名前が巻末にリストアップされている。その数、実に557人。大半は「ジハードを唱える急進的イスラム主義者と、各国の諜報機関関係者」で、そもそも口を開かせることすらむずかしい相手ばかりだ。しかも、彼らが事実を語る保証はない。

続きを読む "「倒壊する巨塔(上・下)」ローレンス・ライト"

| | コメント (0)