ゆ  

夢みる教養/愉楽/雪沼とその周辺・魔法の石板

2017年1月17日 (火)

「夢みる教養 – 文系女性のための知的生き方史」小平麻衣子

Yumemiru_odaira

小平麻衣子 著
河出書房新社(208p)2016.09.13
1,620円

「夢みる教養」というタイトルと「女はいつも文化のお客様」という帯のキャッチコピーが気になって本書を手にした。しかし、それらの柔らかな表現とは裏腹に著者小平の厳しい視点の分析が繰り広げられている。大正から現代に至る期間で、女性が学問を志すことへの制約と男たちの排他的な言説が女性の学問意欲をいかに削いできたかを示し、その結果女性にとって「教養=実現しない夢」となってしまってきた歴史を緻密に描き出している。小平は昭和43年(1968年)生れ、慶應大学文学部に学び、現在同校文学部教授。近代文学におけるジェンダーについての研究をしてきたので、本書はまさに彼女の専門のど真ん中と言える。

小平は「教養」とは、深い知識を前提とした物事に対する理解力や創造力であり、古今東西の文学・宗教・哲学などの幅広い読書を通して、自己の人格を高めることとしている。しかし、「役に立たないが生活を豊かにする知識」とか「だれでも知っているべき一般常識」といった混沌とした「教養」の概念がまん延していることを証左として、それぞれの時代に求められてきた女性像に対応して、都合良く使われて来た言葉であったことを指摘している。同時に、「NHKの朝ドラ」で知的女性たちの人生を成功とか進歩という表現でドラマが作られていることに批判的な目を向けている。それは、少数の成功者を語ることで、一般の女性たちの苦労が隠され、解決すべき問題が明らかにならなくなってしまうという主張である。

続きを読む "「夢みる教養 – 文系女性のための知的生き方史」小平麻衣子"

| | コメント (0)

2015年1月12日 (月)

「愉楽」閻 連科

Yuraku_en

閻 連科著
河出書房新社(464p)2014.9.30
3,888円

当方、今年で68歳になる。歳とったせいか、映画でも小説でも最近は物語性の豊かなものでないと面白味を感じないし、だいいち根気がつづかない。もっとも20世紀には映画も小説も物語性をいったん解体してみせる実験があったから、以後の作品は多かれ少なかれそれを意識しないわけにいかない。昔のように直線的な時間や空間に沿って波乱万丈の物語が繰り広げられる、といったものばかりではなくなっている。

そのような意味で、豊かな物語性を今日的に回復してみせたのは小説なら1960年代のラテン・アメリカ文学だった。ガルシア=マルケス、ボルヘス、プイグらの小説は魔術的リアリズムとも呼ばれ、豊かな物語性とともに、現実と非現実がないまぜになった幻想性や熱帯の風土と自然へのこだわり、神話や口承といった語りへの偏愛が際立っていた。

続きを読む "「愉楽」閻 連科"

| | コメント (0)

2008年11月 6日 (木)

「雪沼とその周辺」/「魔法の石板」 堀江敏幸

Yukinuma 堀江敏幸著
新潮社(202p)2003.11.25/青土社(296p)2003.11.20

1,470円/2,310円

堀江敏幸の新刊が2冊、ほぼ同時に書店に並んでいた。一冊は小説で、もう一冊は長編エッセー。『魔法の石板』と題されたエッセーのほうには「ジョルジュ・ペロスの方へ」とサブタイトルがついている。堀江敏幸は『熊の敷石』で芥川賞を受けているから、一般には小説家というほうが通りがいいのかもしれない。けれども僕にとっては、処女作の『郊外へ』か ら『おぱらばん』『子午線を求めて』へと至る、フランスの現代作家と作品をめぐりながら、現地での体験と思索をちりばめた魅力的なエッセー群の書き手とし ての印象が圧倒的に強い。

続きを読む "「雪沼とその周辺」/「魔法の石板」 堀江敏幸"

| | コメント (0)