り  

流/琉球独立論/流星ひとつ

2015年11月19日 (木)

「流」東山彰良

Ryuu_higasiyama

東山彰良 著
講談社(408p)2015.05.12
1,728円

今年の直木賞を受賞した『流(りゅう)』はまぎれもなく日本語で書かれた小説だけど、どこか日本の小説じゃないみたいだな。

考えてみれば当たり前なんだけど、そう感じた理由はふたつ。ひとつは、言うまでもなく東山彰良が日本人ではないこと。受賞の報道で知った人も多いだろうけど(僕自身もそうだった)、東山彰良はペンネーム。著者の王震緒は台北生まれ、今も中華民国の国籍を持っている。「東山」は祖父の出身が中国の山東省だったことから、「彰良」は母親が台湾の彰化出身であることから来ているという。

5歳で来日し、9歳のとき台北の小学校に入学。以来、日本に住みながら台湾、中国と行き来している。台湾、中国、日本、「どこにいても“お客さん”なんです」(asahi.com、2009年2月24日)という東山の言葉からは、青年期、自らのアイデンティティについていろんな悩みがあったろうことを想像させる。

続きを読む "「流」東山彰良"

| | コメント (0)

2014年9月11日 (木)

「琉球独立論」松島泰勝

Ryuukyuu_matusima

松島泰勝 著
バジリコ(292p)2014.7.20
1,944円

福島第一原発の事故が起こるまで「原発安全神話」なるものがあって、よく考えればどんな技術にも絶対安全はありえないのに、なんとなく安全だと思いこまされてきた。言葉の嘘にだまされていたわけだ。似たような言葉に「固有の領土」というものがある。尖閣諸島、竹島、北方領土について、相手国となにかあるたびに政治家や役人の口から飛び出す。「尖閣諸島は我が国固有の領土である」といった具合に。

実はこの言葉が正当性をもつためにはもうひとつの前提がいる。「沖縄(琉球)は我が国固有の領土である」ということだ(沖縄のことを以下、著者にならって琉球と表記しよう)。琉球王国は薩摩藩による間接統治があったにせよ600年つづいた王国だったから、これは明らかに歴史的事実に反する。「固有の領土」という言葉もまた、戦後日本人が疑うことなく使っている神話のひとつかもしれない。

続きを読む "「琉球独立論」松島泰勝"

| | コメント (0)

2013年12月15日 (日)

「流星ひとつ」沢木耕太郎

Ryusei_sawaki

沢木耕太郎 著
新潮社(323p)2013.10.11
1,575円

2013年8月22日、藤圭子投身自殺のニュースが流れた。ニュースを聞きながら、自分の体内時計が1970年代にゆっくりと戻っていく感覚を抑え切れなかった。彼女が1979年末に引退した後は、評者自身が仕事に追われていた時期でもあり、藤圭子の名前はTVや新聞のニュースから、海外の空港で法外の現金を没収されたとか、宇多田ヒカルの母親として聞くぐらいなものであった。そんなこともあり、沢木耕太郎が彼女の死後、間をおかずに藤圭子に関するノンフィクション本を刊行したと聞いて少なからず驚いた。やっつけ仕事で何を書いたのかという疑問である。しかし、本書の「後記」を読むことでそうした疑念も的外れであったことが判った。

本書は、1979年の秋に藤圭子が引退を表明した直後から同年12月26日の引退コンサートまでの短い間に、彼女と沢木によって行なわれたインタビューを記録したものである。そもそもこの原稿は「別冊小説新潮」に掲載し、その後、単行本として刊行される予定になっていたものだが、この原稿を書き終えたところでその計画に不安を持った。

続きを読む "「流星ひとつ」沢木耕太郎"

| | コメント (0)