« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

ラムネビンの秘密

まず円筒形のビンの原型を作り、腰の部分を加熱してく
ぼみをつけビー玉を入れる。さらに口の部分を加熱して
細く絞って出来上がり。そこに原液と炭酸を入れ、ビン
を急激に下向きにすると、ガス圧でビー玉が栓になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本所の七不思議

置いてけ堀、馬鹿囃子、送り提灯、落ち葉無き椎の木、

津軽屋敷の太鼓、片葉の葦、消えずの行燈、の七つが一

般的。宮部みゆきの「本所深川ふしぎ草紙」は「津軽屋

敷の太鼓」の代わりに「足洗い屋敷」を採用している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超高層マンションの定義

眺望の良さから超高層マンションが人気だ。不動産業界
には特に規定はないが、建築基準法施行令では「高さが
60メートルを超える建築物」を「超高層建築物」と規
定している。従って概ね20階以上というのが目安だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

荒木経惟の夫人

「センチメンタルな旅」などで知られる陽子夫人とは、
電通時代に社内報の写真撮影が縁で知り合った。当時の
陽子さんを撮影した「女囚2077」という題名の作品
がある。2077というのは、陽子さんの社員番号だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「かわいい」の世界進出

『「かわいい」論』の著者四方田犬彦は1994年、イ
タリアのボローニャで、駅のポスターがいっせいに「セ
ーラームーン」に変わるのを目撃した。ニューヨークの
タイムズスクエアでは、ハローキティのお店が人気だ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

カイワレ大根の種

「大阪四十日」という大根の一種。発砲スチロールの箱
の中で水耕栽培し、種をまいて1週間で出荷する。花が
咲く前に出荷してしまうので種はできない。種は、主に
アメリカやイタリアから、ほぼ100%輸入している。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ヒューザーの変遷

1982年、恒和不動産として設立。83年、マンショ
ン流通センターに社名変更。85年、ハウジングセンタ
ーに変更。2001年に現在のヒューザーに落ち着いた
が、20年足らずで3回もの社名変更は怪しくないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガムテープの真実

普段ガムテープと呼んでいるテープは、正しくは紙製の
ものは「クラフト粘着テープ」、布製のものは「布粘着
テープ」という。本物のガムテープは、クラフト紙に水
溶性の糊を塗って乾燥させたもので、水をつけて使う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

登録商標の言い換え

商品サービスの名称や図形などを特許庁に登録するこ
とで商標権の効力が発生する。報道機関では、特定の商
品を推奨したり中傷しないため、セロテープ→セロハン
テープ、宅急便→宅配便などと言い換えるのが普通だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バールのようなもの

ニュースなどで「犯人はバールのようなもので戸口を破
り」などと使う。報道機関は、正確を期すため凶器が不
明な場合は、曖昧な表現をとらざるを得ない。バールと
は、
L字型の金属製の釘抜きで「かなてこ」ともいう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まわしの色

日本相撲協会には「十枚目以上の力士は出場のとき大銀
杏に結髪し、まわしは紺、紫色系統の繻子(しゅす)、
さがりは同色の絹を使用する」という力士規定がある。

最近カラフルなまわしを見かけるが、罰則規定はない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スピルバーグの陰謀 

原作「ジェラシック・パーク」では、数学者イアン・マ
ルカムはすでに死亡しているのに、映画「ロスト・ワー
ルド」では生きている。前作のラストシーンで彼をヘリ
コプターで脱出させたのはスピルバーグ監督の陰謀か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

樋口一葉の悲運

「にごりえ」や「たけくらべ」で知られる樋口一葉は、
生前も流行作家だったような印象を与えるが、実際には
貧困のうちに結核で24歳の生涯を終えた。「たけくら
べ」が鴎外らに絶賛を浴びた年にこの世を去ったのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニンニクの効用

古代エジプトでは、ピラミツド建設労働者に塩とニンニ
クが給料として支払われていたとの記録がある。日本に
は奈良時代に伝来、「日本書紀」や「源氏物語」にも記
述が。強精剤だけでなく、高血圧や動脈硬化にも効く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蛍光灯と戦争

ゼネラル・エレクトリック社によって開発された蛍光灯
は、1939年のニューヨーク世界博で紹介され話題を
呼んだが、折しも第二次世界大戦が勃発して商品化が大
幅に遅れてしまった。50年代以降は、世界の主流に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プラッシーの復活

武田薬品が、1958年に米穀店を中心に販売を開始し
たオレンジ飲料。名前の由来は、果汁にビタミンCがプ
ラスされていることから「プラスC」。92年に販売を
終了したが、健康志向にあやかって98年に復活した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年賀状という手抜き

昔は、新年の回礼という風習があり、儀式にのっとって
近所や親類縁者などへの挨拶回りが行われていた。明治
以降は、この風習は名刺を手渡す、名刺を郵送する、は
がきを出す、というように次第に簡略化されていった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリナップと野球

プロ野球人気全盛の昭和30年代、住宅機器メーカー・
井上工業は、同社開発の調理台、ガス台、流し台の三点
セットを、走者一掃のクリーンナップトリオになぞらえ
てクリナップと命名。昭和51年には社名に採用した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豊臣秀吉と橋

秀吉の時代は、日本の石工、木工技術の大革新期。大阪
城建設後、京阪に大規模な橋が次々に架けられた。大阪
の三大橋と呼ばれる天満橋、天神橋、難波橋。次いで、
京都には三条大橋という具合だ。最も長いのは難波橋。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロスワードパズルの考案者

1913年12月21日、アメリカ「ニューヨーク・ワ
ールド」紙の日曜版に初めて登場した。考案したのはリ
バプール生まれのイギリス人で、同紙の編集者A・ウェ
イン。もともとイギリスにあった言葉遊びがヒントに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

倖田來未のデビュー

エイベックス主催のオーディションにおいて準グランプ
リを受賞、2000年にデビュー。ほぼ同時期、テレビ
東京「ASAYAN」の「モーニング娘。追加メンバー
オーディション」で後藤真希とその座を争ったことも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ザーサイ(搾菜)の正体

中国名はツァーツァイ。ナタネ科の茎用カラシナ科の植
物で、花の色、形、花のつき方などは菜の花そっくり。
根のすぐ上、つまり茎の一番下に、こぶし大のこぶがあ
る。このこぶの部分を、香辛料などで漬け込んだもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駅弁の始まり

明治18年、上野─宇都宮間に新線が開通したとき、宇
都宮駅で初めての駅弁が売り出された。握り飯にタクワ
ンが付いて5銭という代物。その後、明治22年、鉄道
長官の許可を得て、東華軒が駅弁の車窓販売を始めた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恩田陸の別名

「夜のピクニック」で本屋大賞を受賞し、映画化も。
Vドラマ「ネバーランド」の主題歌「出せない手紙」を
セキヤヒサシ名義で作詞した。名前は「少年」連載「ス
トップ!にいちゃん」の作者・関谷ひさしからとった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テリー伊藤の斜視

実家は築地の玉子焼屋「丸武」。早稲田実業から日大に
入学。
日大闘争に参加した際、デモ中に投石を受けて重
傷を負い、後遺症として左目が斜視に。卒業後、TV

ィレクターとして「ねるとん紅鯨団」などを手がける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西岸良平のプロフィル

1947年生まれの団塊の世代。立教大学時代に漫画研

究会を設立、71年に「夢野平四郎の青春」で第8回ビ

ッグコミック賞の佳作第1席に入選。74年以降『 ビッ

グコミックオリジナル』に「三丁目の夕日」を連載中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニッカの社名

サントリーを退社した竹鶴政孝は、1934年、北海道
余市にリンゴジュースを扱う大日本果汁という会社を設
立し、ウイスキーづくりにも着手した。ニッカウヰスキ
ーがそれだ。ニッカは大日本果汁の略称「日果」から。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファイアーフォックスのネーミング

最近の調査で、圧倒的に強いIEに伍して、ニューブラ

ウザのファイアーフォックスが健闘している。ネーミン

グはファイアーバードになる予定が、商標との兼ね合い

で変更。その代わりメールソフトはサンダーバードだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャビアの真贋

世界三大珍味の一つに数えられるキャビアはチョウザメ
の卵の塩漬け。もともと高価なものだが、最近チョウザ
メの漁獲高が激減しているため値段が高騰している。ニ
シンの卵や、ランプフィッシュの卵など偽物にご注意。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駅伝その昔

今でこそ駅伝競走は正月の風物詩になっているけれど、
もともとは飛脚の伝統を受け継いだもの。遠方に書状な
どを届けるには、一人では体力の限界がある。そこで、
いくつかの中継点を設けて交代をした。継飛脚という。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピアノの鍵盤の色

18世紀初めにピアノが発明された当時、鍵盤には象牙
が使われていた。後に、半音の鍵盤が追加されるとき、
その材料として黒檀が選ばれた。象牙も黒檀も堅くて丈
夫だったからだ。かくして鍵盤は白と黒になったのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アットマークのデザイン

メールアドレスに使われているアットマークは、発音か
らも分かる通り、意味は英語の前置詞atと同じ。本来
「単価」を示す商業記号で1個10円なら@10円と使
う。atに当たるラテン語adをデザイン化したもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京極夏彦のマルチ

本格ミステリー作家として知られる京極夏彦は、桑沢デ
ザイン研究所中退という経歴からも分かるように、グラ
フィック・デザイナーの一面も持っている。例えば、装
幀家として、綾辻行人や、山口雅也らの著書の装幀も。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アキハバラの歴史

このあたりは火事が多く、明治の初め火除けの秋葉大権
現を祭った秋葉神社を建てた。その後、一帯は「あきば
はら」と呼ばれるようになったが、明治23年にできた
鉄道の新駅は、なぜか「あきはばら」と名付けられた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ねじのプラスマイナス

米フィリップス社は1935年、「プラスねじ」を開発
した。それまで、どこの国でも、ねじの頭はみなマイナ
スだった。日本では、第2次大戦中、墜落したアメリカ
の飛行機を解体し、初めてプラスねじの存在を知った。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

萌えの諸説

goo辞書によれば「マンガ・アニメ・ゲームの少女キ
ャラなどに、疑似恋愛的な好意を抱く様子。」などとあ
る。〔語源は、アニメ作品のヒロイン名とする説、「燃
える」の誤変換とする説など,諸説ある〕。詳しくは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

谷中ショウガの評判

江戸時代にショウガが採れたのは、実は現在の谷中では
なく西日暮里付近。この辺りのショウガはあまり辛くな
く、味噌をつけて食べると風味と歯ざわりがよいので評
判になり、「谷中」の名はショウガの代名詞になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

羊羹の秘密

中国伝来の羊羹の「羹」はあつもの(吸い物)で羊の肉
のスープのこと。同じ頃、小豆と砂糖で作る羊の肝に似
た「羊肝こう」という蒸し餅も渡来。「肝」と「羹」の
音が似ていたことから混同され、こちらが「羊羹」に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペットボトルの分別

ペットボトルの本体とキャップは材質が違う。本体はポ
リエチレンテレフタレート(PET)製、キャップはプ
ラスチック製。ボトルをよく見ると、「三角形に1」と
「四角形にプラ」の二通りのリサイクルマークがある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イラクとオランダの共通点

七世紀、アラブ人がチグリス・ユーフラテス流域を占領
したとき、この地を「イラク・アラビ」と呼んだ。意味
は「アラビア低地」。すなわちイラクとは低地の意だ。
一方のオランダ(ホラントに由来)も低地という意味。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あがりの由来

「茶をひく」(遊女や芸者がひまなこと)という言葉を
連想させるのを嫌って、遊郭ではお茶のことを「あがり
花」と呼んだ。あがるは客が登楼するの意。これが略さ
れて「あがり」となり、寿司屋でも使うようになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »