まわしの色

日本相撲協会には「十枚目以上の力士は出場のとき大銀
杏に結髪し、まわしは紺、紫色系統の繻子(しゅす)、
さがりは同色の絹を使用する」という力士規定がある。

最近カラフルなまわしを見かけるが、罰則規定はない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

萌えの諸説

goo辞書によれば「マンガ・アニメ・ゲームの少女キ
ャラなどに、疑似恋愛的な好意を抱く様子。」などとあ
る。〔語源は、アニメ作品のヒロイン名とする説、「燃
える」の誤変換とする説など,諸説ある〕。詳しくは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マラソンコースの測り方

東京オリンピックのころは50メートルの竹ひごを使っ
て測っていたが、その後ワイヤに変更された。30人ほど
で50メートルごとに印を付けて進んだ。現在は、メータ
ーをつけた3台の自転車で測り、その平均値を採用する。

|

ミスコンのはしり

戦後まだ間もない昭和25年、読売新聞社主催で全国12
大都市のミス対抗という形の第1回ミス日本コンテスト
が開催された。これが戦後の美人コンテストのはしりで
ある。優勝者は18歳のミス京都・山本富士子だった。

|

みそ汁の冷めない距離

親と世帯を別に構えても面倒を見られる距離を「スープ
の冷めない距離」とたとえたのは英国のJ.シェルドン。
昭和63年、東京都老人総合研究所が、みそ汁を材料に
実験したところ、冷めない距離は2キロという結果に。

|

盛り塩の意味

小料理屋の入り口などで見かける盛り塩。昔、中国のお
妾さんが、皇帝の寵愛を得ようと一計を案じた。牛の塩
好きを利用して、自宅の門前に塩を盛り、皇帝の牛車を
立ち寄らせた。 盛り塩は、この故事にちなんでいる。

|

『もはや「戦後」ではない』のパクリ

1956年7月に発表された経済白書の一節で、すぐに流行
語になった。この言葉は、同年の「文芸春秋」2月号に
掲載された中野好夫のエッセイ『もはや「戦後」ではな
い』をそのまま借用したというのが定説になっている。

|

メロンパンのヒット

中世にイタリアはミラノの僧院で、キリスト教の教義か
ら果物の形をした様々なパンが作られていた。そのうち
の一つがメロンパンだ。日本に入ってきたのは第一次世
界大戦のころ。昭和30年ごろから爆発的にヒットした。

|

マチスの難解

抽象画は難解だ。1961年10月、アンリ・マチスの「ボー
ト」という作品がニューヨーク近代美術館に展示され
た。この絵は、係員の勘違いで上下逆さまに展示された
が、47日間だれも気づかず、10万人以上が鑑賞した。

|

村八分の思いやり

村人全員が、村の規約にそむいた家とのつきあいに応じ
ないという一種の私的制裁措置。冠、婚、葬、建築、火
事、病気、水害、旅行、出産、年忌の10のつきあいの内、
火事と葬式の2つを免除したので「村八分」という。

|

より以前の記事一覧